FC2ブログ

わたしの暮らし

おばあちゃん(姑96歳)脳出血から35年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴33年。Drからは「例外中の例外です。時に人の身体には医学の常識では計り知れないことが起こります。」と。 実家の母は12年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃん、旅立ちの仕度

おばあちゃんが亡くなった晩、主治医が連絡をとって来てくれた訪問看護さんは、この2年間担当してくれた馴染みのベテラン看護師さんだった。
夜は、当番制で対応しているのに、なんとタイミングのいいことか。

義姉さんも来て、三人で一緒に清拭をしてあげた。これが、最後の清拭だ。
4日前の土曜日には訪問入浴も受けていたし、毎日陰洗しているので、見た目の身体はきれいだった。
その後、もろもろの処置をしてもらってから、予てから用意してあった和服を着せた。
そう、この日のために、十年くらい前だろうか‥京呉服の展示販売会で、おばあちゃんが好きそうな色合いの着物と、三尺を買っておいたのだ。
最初、義姉さんは、「前に私が衣類の整理をしてやったときに、『この冬用のウールの着物を着せて』って頼んだのに、あれはどうした?」なんて言ったが、
私が、「おばあちゃんは早くに病気になってしまって、おしゃれができなかったでしょ。せめて死に装束くらいはいいものを着せてあげたくて、仕立ててもらっておいた。」と言ったら、納得してくれた。
そのグレーがっかった薄紫i色の着物は、おばあちゃんにとてもよく似合って、後で親戚の人たちに好評だった。(もったいないという声もあったが。)

その後、私はおばあちゃんを安置する座敷の準備に行ったので見ていなかったが、部屋に戻ってみると、うっすらとお化粧をしてもらってた。おばあちゃん、36年ぶりのお化粧だわ。

息を引き取った後、私は肩を抱きしめながら、反対の手で口と瞼を閉じてやっていたので、あれほど開いていた口はふさぐことができたが、右目がどうしてもぴったり閉じず1ミリくらい開いてしまった。
看護師さんが、「後で紙絆創膏を貼っておくといいよ。」と教えてくださった。 [おばあちゃん、旅立ちの仕度]の続きを読む
  1. 2018/12/09(日) 22:33:37|
  2. 介護
  3. | コメント:0

おばあちゃん、息を引きとった

昨晩(28日)、おばあちゃんが亡くなった。
最後の最後まで私の期待に応えようと、甘酒を飲みながらだった。

私は主治医に、「おばあちゃんの最期は点滴など受けずに、枯れるように死ぬのが理想」って話したことがあるが、
たいして痩せ衰えもせずに、枯れずに逝ってくれた。

96歳の大往生。本当によくがんばったね。

3年前入院した時は、「家で看取りたいから連れ帰らせてください。」と退院したが、看取りどころかみごとに復活した。
そのすぐ後で、人様の例をお聞きし、「うちのおばあちゃんも、もしかしたらあと3年くらい生きるかもしれないなぁ。」と漠然と思ったのだった。

そして、本当にその通りちょうど3年だ。
[おばあちゃん、息を引きとった]の続きを読む
  1. 2018/11/29(木) 23:50:02|
  2. 介護
  3. | コメント:11

晩秋~初冬の風景

今年の11月はずいぶん暖かだ。
電気料金や灯油代が安くて済むのはありがたいが、やっぱり時期相応でないと、どこかにひずみが生じはしないか?

24日の八ヶ岳。たぶん、3回目の冠雪。
雪の八ヶ岳
[晩秋~初冬の風景]の続きを読む
  1. 2018/11/26(月) 22:44:53|
  2. 風景・花
  3. | コメント:2

おばあちゃん、次の段階に移っている

おばあちゃんは、ぐっとレベルダウンしてしまい、次のステージに移ったかなと思っている。
果たしてこれが最終ステージかどうかは、現時点では誰も分からない。

公園 落葉

先月のショートステイの少し前のこと、飲み込みが悪く、口に入れてやった甘酒を吹き出してしまい、「ずっと調子がよかったのに、今、このタイミングかよぉ…」と思ったものだ。
しかし、その後また嚥下が良くなり問題なく飲めたので、予定通りショートに出して私は名古屋に遊びに行ったわけだが、その時は前記事の通り問題ありありの顛末だった。

その後、おばあちゃんの食事介助に慣れているはずのデイサービスの職員さんでも、飲食させることが困難になってしまった。
良いときで150cc、悪いときはほんの数口。
私が食事介助をしているときは、だらだら垂れてしまっても、多少咽ても飲み込めているので、励ましたり褒めたりしながら強気で毎食400超は飲ませているが、
職員さんは誤嚥やそれによる肺炎が心配で、すぐ切り上げてしまう。(施設ではリスク排除のため、仕方がないことだと思っているが…)
なので今月からデイを1日減らし、週1回にした。更に来月から時間短縮で3時に送ってもらうことにした。
帰宅後すぐ飲ませてやれば、脱水が防げると思って。

私の場合というか、おばあちゃんの場合というか、口から食べれなくなった場合の次の手(各種径管栄養)は希望しないので、誤嚥のリスクがあっても、できる限り口から摂らせたいのだ。
私の実母のように穏やかに眠ってばかりだと、食べられなくても、もう身体が食事を要求しないそういう時期がきているなぁと思えるのだが、
おばあちゃんは「アーアー」「ウーウー」と発声が多く、まだまだ強いエネルギーが感じられ、終末期とは思えないのだ。
[おばあちゃん、次の段階に移っている]の続きを読む
  1. 2018/11/23(金) 00:53:00|
  2. 介護
  3. | コメント:0

長円寺の一行寺楓

今年も、長円寺の一行寺楓を見ることができた。
市内の薬局ウェルシアで、オレンジカフェがありその帰りだ。
(オレンジカフェというよりも、学習会のニュアンスだったかな。今回は尿もれパットやオムツについて。)

日没直前の夕日が透けたカエデは真っ赤で、みごとだった。

参道は、杉の大木とのコラボレーション
カエデ 1

向こうには百体観音
カエデ 2


[長円寺の一行寺楓]の続きを読む
  1. 2018/11/06(火) 22:05:28|
  2. 風景・花
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する