わたしの暮らし

おばあちゃん(姑94歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

2月ダイジェスト版

せっかく行ってきたのだからと、気を取り直して?旅行記をアップしていたら、もう月末になってしまった。
旅行は楽しかったけれど、この2月は、ちと、否、大いにしんどい月だった。

オキザリス

備忘録としてちょっと書いておこう。

・おばあちゃんの咳がなかなか抜けなかった。(インフルエンザの後遺症的なものとのこと)

・旅行前からなんとなく雰囲気を感じていたが(夫が勤めている会社も不景気のあおりを受け、時短と週休4日になっていた。定年後再雇用で働いていたので、通達があるかも‥と。)
 2/12出社したところ会社側から話があり、夫は来月20日で雇用契約終了とのこと。
 年金がもらえる64まで勤める予定だったのに、困ったなぁ。
 百年に一度という不況が、わが家にも及んだ。
[2月ダイジェスト版]の続きを読む
  1. 2009/02/28(土) 23:30:30|
  2. 介護

おまけ♪ カンボジアで見たアプサラの踊り

レストランで食事の後見た、アプサラの踊り(カンボジアの宮廷舞踊)です。
アプサラは「天女・天使」の意味だそうです。
この踊りは神への祈りとして捧げられ、9世紀ころから踊り継がれてきたとか。
そういえば、アンコール・トムにも、踊っているアプサラのレリーフがありました。
         アプサラの踊り レリーフ


撮影が下手ですが、良かったら見てください。

♪音量に注意してくださいね♪




こちらは漁師の男女に扮した コミカルな踊りです。




ホテルのディナーショーでも、同じようなアプサラの踊りをやっていました。
ストーリーがあるらしいのですが、よくわかりませんでした。^^;

  1. 2009/02/23(月) 15:56:20|
  2. 旅行
  3. | コメント:7

カンボジア旅行 ⑧ 昼休み~パンテアイ・スレイ遺跡~アフタヌーンティ~帰路

午後の観光まで自由行動だったので、ホテルのプールで泳いだ。
実は昨日も友人や夫とプールへ来て勝手が分かっているので、今日は1人でも平気。^^
プールは貸切状態で、悠々と?泳ぐのは、とっても気持ちが良かった。
ホテルプール


夫は何をしていたかというと、
前日転んで膝小僧を擦りむいたので、部屋でビールを飲んでいると。
後で聞いたら、つまみが無かったので、外のコンビニまで、友人らと買い物に行ったそうだ。

ホテルの部屋の冷蔵庫の缶ビールは1本3㌦に対し、コンビニでは70㌣弱だったとか。(実際はドルで払って、リエルでお釣りがくる) どこもそうだけれど、ホテルは高いなぁ。
そうそう、コンビニで買っきたそのビールは、なんと「アサヒスーパードライ」だった。(@_@)

余談ついでに、
夫の膝のすり傷は、ラップ療法よろしく、ビニール袋を切って貼っておいた。
かさぶたができることなく、3~4日できれいに傷が治った。^^


はい。脱線したが、午後は最後の遺跡観光。「パンテアイ・スレイ」へ。
ここはシェリムアップから車で1時間弱の郊外にある。
パンテアイ・スレイ
[カンボジア旅行 ⑧ 昼休み~パンテアイ・スレイ遺跡~アフタヌーンティ~帰路]の続きを読む
  1. 2009/02/23(月) 13:58:27|
  2. 旅行
  3. | コメント:2

カンボジア旅行 ⑦ 市内観光

ホテルのロビーでは、毎朝カンボジアの伝統民族楽器の演奏が行われていた。
この楽器は何本か張られた弦を、バチでたたいて音を出す。
伝統楽器

ホテル玄関では、カンボジアの「チョン・クバン」という民族衣装のスタッフが、送迎してくれる。
許可をもらって、パチリ。(美しいおねえさんに、何かご迷惑がかかる?といけないので、ちょっとモザイクね)
民族衣装


4日目 2月10日(火)
午前:バイクタクシー(モトロモ)に乗って市内観光【オプショナルツアー】
午後:バンテアイ・スレイ観光(入場)とアフタヌーンティ
ホテルにて休憩(チェックアウト午後5時)
出発時間に合わせて空港へ
夜:シェムリアップ[飛行機]バンコク乗継[飛行機]名古屋



バイクタクシーはこんな風に、バイクに屋根つきのリヤカーを接続しています。
ガイドさんに聞いたら「モトロモ」と呼んでいるとのこと。
バイクタクシー
[カンボジア旅行 ⑦ 市内観光]の続きを読む
  1. 2009/02/22(日) 23:38:57|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

カンボジア旅行 ⑥ 昼休み~アンコール・ワット~夕食

ああ、なんというおバカなことか。またやっちゃった。^^;
ドジをして、アップした記事が全部消えてしまった。
気を取り直して、書き直すとしよう。


カンボジアは暑い国なので、お昼休みがあるらしい。
ツアーもゆったりしていて楽だ。

その昼休みを利用して、フットマッサージを受ける。(ツアー料金に含まれている)
ホテルでフットマッサージ


その後、アンコールワット見学に。
広い外濠の中央に石が積まれた参道を行く。
アンコール・ワット


修復中の西塔門をくぐり抜けると、中央祠堂が。
アンコール・ワット [カンボジア旅行 ⑥ 昼休み~アンコール・ワット~夕食]の続きを読む
  1. 2009/02/21(土) 00:16:39|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

カンボジア旅行 ⑤アンコール・トム~~昼食

3日目の朝、ホテル3階のテラスから外を眺める。
昼間の街の中も遺跡も、赤土の埃っぽさを感じたが、朝の空気は爽やかだ。
ベランダからの眺め


ホテルで朝食。
麺入りのスープを作ってくれる女性がとても可愛らしくて、写真を撮らせてもらった。
向こうのお兄さんが、オムレツを作ってくれる。
(後で分かったのだが、この人たちは夜、ホテルのディナーショーでアプサラダンスも踊っていた。)
ホテルのスタッフ


3日目 2月9日(月)
午前:「世界遺産」アンコールトム観光(すべて下車)
南大門、バイヨン寺院、象のテラス、ライ王のテラス、バプーオン、ピミアナカス
昼食はアモック(カンボジア風ココナッツカレー)や名物かぼちゃプリンなどのクメール料理
昼食後、ホテルにて休息(2時間 その間プールとフットマッサージ)
午後:「世界遺産」アンコールワット観光(入場)
夕刻:プノン・バケンの丘から「世界遺産」アンコール遺跡の夕刻の情景見学
「ヴィロス」にてクメール料理の夕食



車窓から。(反射して変に光ってしまったが)
ここは無料で診てくれる小児病院(税金で運営)だそうで、この道は滞在中何回も通ったのだが、いつも順番を待つ人であふれかえっていた。地方からやってくる親子連れも多いそうで、昨日から野天で夜を明かす人もいた。具合が悪い子供達だろうに、大儀だろうなぁ。
小児病院前


車が進むうち、満々と水をたたえたお堀。ここはアンコール・ワットのお堀とのこと。
しかし、午前中のアンコールワットは逆光になってしまうので、ツアーでは午後に設定されているとか。
かなた右手に小さく見えるアンコール・ワットの塔を見ながら、車は更に進む。

[カンボジア旅行 ⑤アンコール・トム~~昼食]の続きを読む
  1. 2009/02/18(水) 23:07:22|
  2. 旅行
  3. | コメント:2

カンボジア旅行 ④ タ・プローム遺跡~~夕食

車から降りて、ジャングルの中の道を進む。
45mもあるイアンという大木があちこちに。木材にしたり樹液をランプの燃料にするそうだ。
タ・プローム遺跡への道


途中、民族音楽が聴こえてきた。地雷で足を失くした人たちの演奏だ。
1ドルを捧げて、写真を撮らせていただいた。
他の遺跡でも、生活のための糧を稼ぐこのような人たちを見かける。
観光地の地雷は除去されているそうだが、国内にはまだ、おびただしい数の地雷が残っているという。
カンボジアの内戦のことは分からないが、美しい旋律を聴きながら心が痛んだ。
地雷犠牲者による演奏


やがて、巨大な木の根によって押しつぶされ、破壊されたままの「タ・プローム」遺跡に着く。
この木はスポアン(ガジュマロと同じ?)というそうで、何箇所も石の上から地中に根をおろしている。
スポアン
[カンボジア旅行 ④ タ・プローム遺跡~~夕食]の続きを読む
  1. 2009/02/16(月) 15:36:11|
  2. 旅行
  3. | コメント:4

カンボジア旅行 ③ トレンサップ湖

2日目 午後
ガイドさんから提案があったので、当初は予定に無かった「トレンサップ湖クルージング」を追加してもらった。
暑い国なので、ホテルでの休憩時間が2時間ほどとってあったのだが、それを利用してのオプショナルツアーだ。追加料金は一人30$とのこと。

車窓から見た一般市民のこじんまりした住居。高床式で屋根は瓦やトタンで葺かれている。
農村部へ行くと、屋根や壁が椰子やバナナの葉で葺かれた住居もあった。
乗り物はバイクが多い。このお姉さん方はちゃんとヘルメットをかぶっているが、ノーヘルで警察官に捕まっている人も。
ちなみに、バイクの免許は要らなくて、1台に何人乗っても良いのだとか。最高5人乗りを目撃。(@_@)
住居とバイク


30分ほど車に乗って、船着場に到着。
船着場


トレンサップ湖の水は、驚くほどの泥色。岸辺には水上生活者の船が続く。
大きな建物も竹を組んだイカダの上に建てられ、移動できるようになっているそうだ。
トレンサップ湖

[カンボジア旅行 ③ トレンサップ湖]の続きを読む
  1. 2009/02/15(日) 23:38:00|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

カンボジア旅行 ② ロリュオス遺跡群

2日目
朝の中庭はこんな風。
ホテル・中庭


屋内レストランもあるが、ビュフェで好きなものを取り分けてきて、外で朝食をいただく。
オムレツはお兄さんが目の前で焼いてくれた。
今日の観光に備え、腹ごしらえ。^^
ホテル・朝食


食後ホテルの庭をちょっと散策。椰子の葉葺きの小屋や水車も。
DSC09567 ホテル・庭園


2月9日
午前:「世界遺産」ロリュオス遺跡群観光(入場)
ロレイ、プリア・コー、バコン
昼食後、ホテルにて休息(約30分)
午後:【オプショナルツアー】トレンサップ湖クルージング
「世界遺産」タ・プローム遺跡観光(入場)とオールドマーケット観光(下車)
夜:ビュッフェの夕食と宮廷舞踊’アブサラの舞’鑑賞


この先、ついつい写真がたくさんになってしまいました。(^^ゞ
適当に流してご覧くださいね~。


朝8時40分ホテル出発。
まず遺跡を巡る、顔写真入りのパスポートを発行してもらう。
3日間用は40$と高価なので、首からしっかり掛けて失くさないようにとのこと。

最初はロリュオス遺跡群の「ロレイ」へ。
9世紀末に建造されたというヒンドゥー教の4つの祠堂。
レンガでできており、1100年以上も経っているのでくずれてきている。
ロレイ
[カンボジア旅行 ② ロリュオス遺跡群]の続きを読む
  1. 2009/02/15(日) 22:06:23|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

カンボジア旅行 ① 往路

アンコールワット(乾季で聖池の水も少ない)

いつもの4組の夫婦で、JTBのパックツアーを利用してカンボジアへ旅行してきた。
わが家も昨今の不況のあおりを受け、私は不安がつのる最中だったが、出かけてしまえば、南国の陽気と気心知れた仲間との語らいで、とても楽しい旅だった。

カンボジアは現在乾季で、さほど気温も上がらず過ごしやすい時季だそうだ。といっても日中は30度以上。
しかし湿度が低くからりとしているので、汗っかきの私でも大丈夫だった。^^

ツアー日程も記録しながら、若干の写真をアップしたいと思う。
(当初の予定に一部オプションを追加したり、都合で夕食のレストランの日にちが変更になったりした。)

1日目 2月7日(土)
午前4時 空港便ジャンボタクシーが自宅まで迎えに来てくれ、出発
午前:名古屋[飛行機]バンコク乗継[飛行機]シェムリアップ
夜20時:シェムリアップ着
着後:ホテルへ
---------------------------------------------------------------------- [カンボジア旅行 ① 往路]の続きを読む
  1. 2009/02/14(土) 15:28:37|
  2. 旅行
  3. | コメント:6

上川白鳥まつり

2月に予定している旅行と、叔父の7回忌法要が重なってしまった。
旅行は今後行かれそうもない場所なので、叔母やいとこには申し訳ないが旅行を優先することにした。
それで叔母に不義理をお詫びし、2/1に夫と一緒にお墓参りに行ってきた。
介護中に脳梗塞を病んだ叔母だが、大きな後遺症もなく、元気そうな様子にほっとした。

その帰り、上川の白鳥飛来地に寄ったところ、何やらいつもと様子が違う。
テーブルに何人もがついて食事中だった。^^
聞けば、「白鳥まつり」とのこと。

白鳥まつり①


今年の白鳥は少ない。暖冬が影響しているのだろうか。
夫が数えたら26羽だった。
白鳥まつり②
[上川白鳥まつり]の続きを読む
  1. 2009/02/05(木) 23:17:03|
  2. 風景・花
  3. | コメント:5

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する