わたしの暮らし

おばあちゃん(姑95歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

母のこと (在宅復帰)

2/23
先月、義姉さんの体調不良による突然の入院で、母は三か所のショートのお世話になり、20日(月)家に帰ってきた。
そして、今日が最初の木曜日。

それまでのように、母と私の昼食を持って母のところに向かった。
朝から冷たい雨。かなりの降雨量に、雪じゃなくて良かったと思う。

母さんは以前と同じように、こたつ端で横になっていた。

義姉さんとも、「もうこたつは無理かなぁ。」なんて話をしたが、
母さん、こたつ端に座ったり立ったりができたんだ。良かった。
この地は寒いので、やっぱり脚元が暖かいほうがいい。

[母のこと (在宅復帰)]の続きを読む
  1. 2012/02/24(金) 16:34:01|
  2. 実家・母
  3. | コメント:3

おばあちゃん、尿検査

2/22
今日はクリニックで、おばあちゃんの尿をとって検査に回してもらった。
もう、自分の意思で排尿ができないので、看護師さんに管を膀胱へ挿入してもらっての採取だ。
おばあちゃんは、指示されるままベッドに寝て、嫌がることなく導尿してもらうことができた。
最初は管からきれいな尿が出ていたが、最後はちょっと血が混じった粘液みたいなのが出てきた。
やっぱり膀胱炎がまだ治っていないらしい。
検査は外部にだすので、結果が出るのは後日だそうだ。

この検査に至る経緯は、実は先週金曜日、またパッドに血液らしい茶褐色のものがついていた。
一時は膀胱炎が治ったと思っていたのだが。
とりあえず土曜日に、止血剤と、前とは違う抗生剤を処方してもらった。
これは、ある種の菌に耐性ができると、前の抗生剤が効かなくなっていることも考えられるそうだ。

そしてこのとき、検査の日取りを決めておいたのだ。
(土曜日はおばあちゃんはデイサービス。私がデイから一時連れ出して診察してもらおうと思っていたが、クリニックに電話をしたら、先生の指示で、私だけ来ればいいとのことで。)

[おばあちゃん、尿検査]の続きを読む
  1. 2012/02/22(水) 23:26:26|
  2. 介護
  3. | コメント:0

母のこと (R施設へ面会)

2/20(月)母のショートは今日まで。
現在お世話になっているR施設へ面会に行ってきた。

ここはユニットケアを取り入れている特養で、真新しい広々とした建物だ。
空間がゆったりしているのはいいんだけど、見方を変えるともったいないくらい広い所に、数名の利用者と私が行ったときは一人の職員で(後にもう一人加わったが)なんだか閑散とした雰囲気‥
職員さんは、ユニット部分と全体で共有する部分を何往復も移動しなくっちゃいけないわけで、大変だろうなぁ。
入所者に目が行き届かない時間が、できてしまわないのかなぁ…それに、不穏な人がいる場合は大変だよね。
ああ、お世話になっている身、詳しいことを知らないのにやたらのコト書いちゃいけないね。


母さんは、前回はホールのテーブルについていたが、この日はそこにいなかった。
職員さんにお聞きしたら、10時のお茶の後ちょっと疲れたようだったので、横にならせてくれたそうだ。

母の個室に入って、話をする。
今日は家に帰れることを伝えたら、うれしそうな顔。
[母のこと (R施設へ面会)]の続きを読む
  1. 2012/02/21(火) 17:09:09|
  2. 実家・母
  3. | コメント:2

2012 冬景色

すっきり晴れて 八ヶ岳が美しい(2/11)
快晴


寒中の散歩も また楽し(2/12)
散歩は楽し
[2012 冬景色]の続きを読む
  1. 2012/02/18(土) 22:24:20|
  2. 実家・母
  3. | コメント:0

母のこと (ショートを繋ぐ)

母は11日(土)午後、有料ケア付きマンションから、M施設に移った。(日程とショート先の変更があった。)
土曜日の午後ならば、兄夫婦の仕事が休みなので1日ずらしてもらったそうだ。

実は6年前、このM施設がまだ宅老所でデイサービスだけやっていたころ、私はボランティア(のちにアルバイト)で利用者さんのお世話をさせていただいた。
食事作りのボランティアも、シフト制で大勢来ていた。
施設長ご夫妻の人柄がよく反映された、アットホームな雰囲気が好きだった。
(奥さんが看護師さんで、ご自分の夢である高齢者の支援事業を始められ、大工さんだったご主人が定年後奥さんをサポートしておられる。)


で、13日(月)の朝、母の面会に行こうと思い、M施設に電話を入れた。
ショート担当の介護員さんが出てくれ、「午前中はカンファレンスが入っており、ご家族とケアマネがお見えになります。」とのこと。
本当は私も話を聞いてみたかったが、出しゃばっちゃいけないと思い遠慮した。

で、母の面会は2時と言われた。
「その時間って、まだお昼寝の時間ではないですか?」って聞き直したら、
「お昼寝から起きられ、2時から皆さんで体操をします。」と。

   ・・・・・

2時にM施設行った。
施設長のTさんにお会いしたかったが、今日は会議があって外出しているとのことだった。
介護師のメンバーはみんな代わり、私が知っているのは事務を担当している方だけだった。
ご主人は私のことを覚えていてくださった。
「お母さんとあんまり似てないねぇ。」って言いながら、母のここでの様子を話してくださった。
[母のこと (ショートを繋ぐ)]の続きを読む
  1. 2012/02/16(木) 22:27:43|
  2. 実家・母
  3. | コメント:0

おばあちゃん、回復。そして気分の波

先週はたまに、ごくわずかな血尿が見られたので、2月6日(ショート最終日)まで薬を飲ませていた。
それ以後止血剤と抗生剤は飲ませていないが、尿はきれいなので、とりあえず大丈夫のようだ。

フェルガード効果で、一時幻視は減っていたが、どうやらまた何か見えているらしい。
一昨日はベッドで寝ている時もけっこう荒れていて、「ば~か!」だの「静かにしろ~!」だの宙に向かって大声を上げていた。
一人で騒いでいる分には、聞き流してほっといてもいいのだが、
それが介護中だと、そうも言っていられない。

[おばあちゃん、回復。そして気分の波]の続きを読む
  1. 2012/02/12(日) 22:20:11|
  2. 介護
  3. | コメント:1

伊豆小旅行 2 (稲取・爪木崎)

昼食後、「雛のつるし飾りまつり」を見に行った。
「雛の館」では、それはたくさんのつるし飾りが出迎えてくれた。
雛のつるし飾り1


それぞれの飾りには、女の子のすこやかな成長を願っての「言われ」があるそうだ。
雛のつるし飾り2

[伊豆小旅行 2 (稲取・爪木崎)]の続きを読む
  1. 2012/02/09(木) 17:05:47|
  2. 旅行
  3. | コメント:5

伊豆へ小旅行 1 (城ヶ崎海岸)

年末に介護以外の心配ごとがむくむく膨らんでしまい、辛くなった。
なーんか気分転換をしたいなぁと思って、1月、ケアマネさんにショートの空きを調べ組み込んでもらった。
その日が、2月4~6日。(冬季はこの地では「越冬隊」と称しているが、寒い自宅を離れ、施設で過ごす人が増えるので、ショートがとりづらいのだ。)

まぁね、心配ごとは解決したわけではないが、考えることは極力止めた。
まだ出てもいないお化けを怖がるようなことは、無意味だなぁと思って。^^;


せっかくのショート、できれば何処かへ行きたい!
介護も長くなって、その犠牲になってるって思いたくないし。
夫も私も歳をとってきて、この先何回旅に出られるかなぁ‥そんなことまでも思うようになった。

でも、お金もないので、お手軽な伊豆へ。
今まで通ったことが無い道を選択したら、くねくねの細い曲がり道だった。
夫は文句も言わず運転。ありがとう。

朝のうちは山梨県から富士山がきれいに見えたが、残念なことに天気がくずれ、富士山は雲に隠れてしまった。
眼下に芦ノ湖
芦ノ湖
[伊豆へ小旅行 1 (城ヶ崎海岸)]の続きを読む
  1. 2012/02/08(水) 22:12:22|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

母のこと (今日は歩けない)

実家の兄嫁さんは、1月31日に退院できた。
退院した日の晩、電話で話した際は、「家に帰ったら、とっても寒いせいだと思うけど、おなかが張る感じ。」と。
そして、「気力が落ちちゃってて、おかあさんのこの先の介護については、まだ考えられない。」と。
それは、無理からぬことだ。まずは自分の身体を最優先で大事にしてほしい。
「母さんはもう帰宅願望も口にしないし、大人しくしているので、心配しないで養生して。」と伝えた。

私は、初めは毎日面会に行っていたが、母さんは穏やかにしているし、スタッフの方がよくお世話してくださるので、1日おきに行っている。

母の脚をマッサージしたり、椅子に座らせて体操したり、歌いながら手をグー・パーさせたり‥
(座布団を持って行って、床に座ったりそこから立ち上がる練習を試みたが、どうしても腰を下ろせなくて、危ないのでそれをさせることはあきらめた。)
そうするうちに昼食の時間になるので、両手引きで食堂まで歩かせる。

歩数をはかってみたら、エレベーターまで母の歩数で40歩。エレベーターを降りてから母の座席まで40歩。
[母のこと (今日は歩けない)]の続きを読む
  1. 2012/02/07(火) 23:44:01|
  2. 実家・母
  3. | コメント:0

フェルガード効果と思えること

おばあちゃん、止血剤と抗生剤を飲ませた翌日はきれいな尿になっていて、「よかった。」と思ったのに、その後のパット交換では数回に1回くらいの割合でうっすらと血液が混じっている。
薬も終わるので、1/31受診した。
主治医のA先生は、じっと考えて、腫瘍の可能性もあると。
いずれにしろ、先生も私もおばあちゃんの負担になる治療はしたくない想いは共通。
また同じ止血剤と抗生剤で、もう少し様子をみることにした。

  スポーツ公園駐車場から八ヶ岳を望む
  写真は雪の八ヶ岳。グレー建物群は諏訪中央病院(鎌田實先生が名誉院長のね^^)


さて、表題のフェルガードについて

1月7日から、フェルガード100を飲ませ始めた。(1包は1.5g入り)
最初の1週間は、朝晩1包の半分ずつ。
10日目まで、朝1包の半分。夜1包。
それ以後は、朝、晩、1包。
いずれも食前に、スポーツドリンク80CCくらいに混ぜたものを介助しながらストローで飲ませる。
この粉の味は、ちょっと甘酸っぱいので、スポーツドリンクに混ぜても違和感がない。

さて、その効果は、うちのおばあちゃんの場合、意外に早く出た。
[フェルガード効果と思えること]の続きを読む
  1. 2012/02/01(水) 22:48:22|
  2. 介護
  3. | コメント:6

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する