わたしの暮らし

おばあちゃん(姑94歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃんの方が一枚上手

おばあちゃんの独り言は、つい先週までは文字通り一人でベッドに寝かしているときだけだったのだが、ごく最近は車椅子で食卓に着かせたときにも出るようになった。
(これは、第三者と同席しているときの遠慮みたいなものが、無くなった表れか?)

おばあちゃん「ちょんがらがって、ちょんがらがって‥ へんがらがって、へんがらがって
       ああ、○○が帰ってきただ。」と、幻視に珍しく自分の息子が出てきたらしく、その名前を言った。

夫は、自分の名前が出たので、「○○って、どういう関係の人?」と、おばあちゃんにわざとらしく確認してる

ところが、おばあちゃんは返事をしない。
そこで、私が同じことを聞き返すと、「じいちゃんの弟!」

そう、夫の声かけに反応しないことは、度々ある。
推測するに、息子だと認識していないので、知らない男の人から声を掛けられて、用心しているんじゃないかと…
それに、関係性を間違えてしまうのも、夫が単身赴任前からのことで、長年息子と暮らしていなかったから忘れたというわけではない。

また、おばあちゃんは、「○○が帰ってきた。」と。

夫、今度は、「どこから帰って来た?」と聞いた。

おばあちゃんは、すかさず、「玄関から!」

[おばあちゃんの方が一枚上手]の続きを読む
  1. 2012/10/31(水) 23:32:38|
  2. 介護
  3. | コメント:0

小学校音楽会

10/26(金)
孫のケメ太が行っている小学校の音楽会に行ってきた。

おばあちゃんは、ちょうど今日明日ショート。(土曜日、早朝からの用事があったので)
送り出してから行ったが、間に合ってよかった。

小規模校なので、これで全校児童。
小学校音楽会
[小学校音楽会]の続きを読む
  1. 2012/10/28(日) 16:07:00|
  2. 介護
  3. | コメント:2

おばあちゃん、擬音語・擬態語?+幻視反応

氏神さまと八ヶ岳

おばあちゃんの認知症の現れの一つに、意味不明な言葉の繰り返しがある。

さかのぼれば、まだ息子たちが小学生のころ、テレビのチャンネル争いで、それに負けた子がおばあちゃんの部屋のテレビでちびまる子ちゃんを見ていた20年ほど前からだ。

当時は、「ぴーひゃら ほい ぴーひゃら ほい」 しつこくその繰り返し。

それが変化して、「どっこら ほい どっこら ほい」
更に「どっこらじいちゃん どっこらじいちゃん」
「すっとこじいちゃん すっとこじいちゃん」ついには「ばかたれじいちゃん」まで飛び出した。

すでにおじいちゃんは亡くなっていたが、なぜかおばあちゃんが歩きながら繰り返す掛け声に、じいちゃんが登場し、特に、居室とトイレの徘徊中に多かった。

それは常動行動というピック特有のもので、ひとたび始まれば繰り返し繰り返し、儀式めいた同じ行動が延々と。
もちろん、「さっきトイレに行ったばっかりでしょ。」と制止したって、そんなことを聞き入れてくれるはずもない。 [おばあちゃん、擬音語・擬態語?+幻視反応]の続きを読む
  1. 2012/10/25(木) 23:43:02|
  2. 介護
  3. | コメント:0

寒くなった

今年は、平年よりもだいぶ暖かな秋だったが、10月も半ばを過ぎ、さすがに冷え込んできた。
昨日は雨。ファンヒーターのスイッチを、今季初めて入れた。

午前中、少し畑仕事。風が強く、寒かった。

八ヶ岳にかかっていた雲が切れたらば、まあ!初冠雪だわ♪
八ヶ岳
 (レンズの汚れが取れず、画面が汚くてごめんなさい。)

[寒くなった]の続きを読む
  1. 2012/10/19(金) 23:22:16|
  2. 風景・花
  3. | コメント:6

おばあちゃんの介護食

おばあちゃんはおかゆや雑炊が飲み込みにくくなり、時間がとってもかかるようになってしまった。
なので、代わりにミキサーにかけた甘酒を飲ませている。
小さなコップに入れ、口元に当ててやると、すするように飲んでくれる。

おかずは少しお湯を加えてハンドミキサーにかけ、必要に応じトロミ剤を加えている。
「○○だよ。はい、アーン。」の声かけの後、小さめのスプーンで口に入れてやる。(もうちょっと大きな口を開けてくれると介助が楽なんだけどなぁ。)
飲み込む時、口角から食べ物が少し垂れてしまうので、その都度おしぼりやティッシュで拭いてやる。
おばあちゃんは、皮膚感覚が敏感で、すかさず自分の手をやってしまうので、スピード勝負だ。^^;


当初、ご飯の代わりに甘酒を用いることに抵抗があった。
原材料は米だし、当のおばあちゃんが嫌がっていないから、まあいいかと割り切ることにした。
ケアマネさんの担当している他の方にも、甘酒をご飯代わりにしている人がいると聞き、気持ちがちょっと楽になった。


少量の物をミキサーにかけるときは、径がぴったりの、この計量カップが重宝している。
ちなみに、これはインゲンのごまみそ和え。
ミキサー食

(そういえば、以前ソフト食が食べられていたときは、このステンレスの計量カップにおかずを入れ、圧力鍋に水を少し入れ、カップを並べて1~2分加圧(蒸して)軟らかくしていた。このカップは3個あり、少量のおかずを3種類同時に軟らかくでき、なかなかいい方法だったと思っている。)

[おばあちゃんの介護食]の続きを読む
  1. 2012/10/17(水) 23:19:05|
  2. 介護
  3. | コメント:0

おばあちゃんの娘(義姉)の来訪

10/14(日)
夕方、畑から帰った直後、夫のお姉さんが来てくれた。
私はまだ庭にいたので、二人で一緒に部屋に入った。

お姉さんが声を掛けたけれど、おばあちゃんは誰のことなのかわからず‥

おばあちゃんは目が見えないので、声だけが頼りだ。
私の声には反応して、「ケメコさん。」「おかあさんだぁ。」と。
毎日一緒にいる息子のことだって分らないのだから、1年に1~2回しか来ない娘のことが分らなくたって、しかたないというものだ。

おばあちゃんは孫の名前を三つ言って、「私の子供」と堂々と言い切る。

お姉さんは不服で、なんとか言い直させようとするけど、おばあちゃんは頑として「違うよ!」(笑)

それよりも何よりも、おばあちゃんの身の上には、もっと重大なことが起こっているっちゅうに‥
[おばあちゃんの娘(義姉)の来訪]の続きを読む
  1. 2012/10/15(月) 23:53:45|
  2. 介護
  3. | コメント:0

母のこと (母も以前は…)

10/11(木)

地区社協の会長さんから、高齢者クラブの集まりで、「認知症の人の介護」について話をして欲しいと頼まれ、母のところへ行く前に1時間ほど体験を話してきた。
実はこの会長さんは、以前「認知症を知る集い」で私の話を聞いて下さっており、その際感動したので、自分が受け持っている会でもぜひ‥と言ってくださったのだ。

この高齢者クラブの集まりは、朝から公民館の周りの草刈りや草取り作業をし、その後で私の話、それからみんなで昼食というそんな流れになっていた。

公民館に私が着いたときは、まだ皆さん、しゃがんで草をとったり、刈った草を一輪車に積み込んだり、せっせと作業をされていた。
会長さんと、ちょっと打ち合わせ。

[母のこと (母も以前は…)]の続きを読む
  1. 2012/10/13(土) 06:02:45|
  2. 実家・母
  3. | コメント:2

庭の秋

稲刈りや籾の乾燥も終わり、ほっとしている。
今朝はそのお米を精米してきた。ほかほかぴかぴかのご飯、楽しみ。

おばあちゃんは、ほぼ以前の体調を取り戻し、安定している。これが何よりだ。
介護の記事もアップしたいのだが、ドン臭くてなかなかできず~~^^;

目は花の方に向いてしまう。^^

昨年いただいた金木犀が花をつけ、いい香りを漂わせている。
大きな箱で、宅急便でお嫁入りしてきたときは、びっくりだった。
ここの気候では冬越しは無理と思い、大きな植木鉢に植えて屋内で冬を過ごさせた甲斐があった。
キンモクセイ


このコムラサキも、何年前だろ、宅急便で長旅をしてきたの~
大きく育って、今年はいっぱい実をつけてくれた。
コムラサキ
[庭の秋]の続きを読む
  1. 2012/10/08(月) 10:31:36|
  2. 風景・花
  3. | コメント:2

紅葉の白駒の池

10/4(木)

1週間ぶりで母のところへ行くつもりでいたが、前々日に義姉さんから「今度の木曜日は、私が用事があって休むので、ケメコさんは来なくていいよ。」との電話があった。

畑やら家事やら、本当はやらなきゃいけないことがあるんだけれど、せっかくのOFFなので、自分のために時間を使うことにした。
(一応、夫を誘ったけれど、却下された。^^; )

行き先は、先日テレビで、紅葉が見ごろと言っていた「白駒の池」。
紅葉のこの時季には行ったことがないので、ぜひ見てみたかったのだ。

白駒の池 概要


青空と紅葉が池に映り込んで、美しい眺め。
白駒の池

[紅葉の白駒の池]の続きを読む
  1. 2012/10/04(木) 23:30:33|
  2. 風景・花
  3. | コメント:2

只今修理・修復中

コンバインの調子が悪くなってしまい、農機の修理工場に入院した。
部品の取り寄せに日にちがかかり、まだ直ってこない。
土曜日は、パパやママも手伝ってくれ、あと家の稲刈りは自家用米の田んぼ1枚を残すだけになったのにナ‥

まあ、どっちみち台風の大雨で田んぼは水浸しで、稲刈りに入れそうもなかったのだけれど。


機械の調子が悪くなるのと並行して、人間さまの調子も悪くなった。
夫は足が痛くなり、私は肩や背中が痛くなった。
籾は重いからねぇ。もう年だから、ガンガン動いちゃだめだよっていう、身体からの警告だわ。

機械の故障のおかげで、体調を修復するちょうどいいお休みになった。

 その休み中に叔母(亡き義父の妹88歳)が亡くなり、今日はお葬式だった。
 私は介護のために失礼し、夫のみ出席した。

  1. 2012/10/02(火) 21:56:00|
  2. 暮らしのひとこま
  3. | コメント:0

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する