わたしの暮らし

おばあちゃん(姑95歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃん、「いい女」

この季節、空気の乾燥のせいか、お肌がカサカサ。

私もだけど、おばあちゃんの方が年齢がいってるせいか更に。
専門用語では「老人性乾皮症」っていうんだって。

で、顔はぬるま湯でしぼったタオルで拭いてあげた後に、乳液。

そして、お決まりのリップサービス。「べっぴんさんのできあがり~♪」

ところが今夜はそれを忘れた。
というか、夫とちょいと気持ちがズレていたので、私の気分が低迷してて、サービスは省略だった。

そしたら、おばあちゃん、自分で、
「いい女になった!」だって。

思わず、私のほっぺがゆるんだ。
「そうだね、おばあちゃん。ほっぺ すべすべ、べっぴんさんのできあがり~♪」

認知症になると、最近のことを覚えられないと言われるけれど、そうとばかりは限らない。


ところで、スキンケア。
[おばあちゃん、「いい女」]の続きを読む
  1. 2012/11/29(木) 00:43:58|
  2. 介護
  3. | コメント:7

野沢菜漬け

強い霜が幾朝か降り、野沢菜の漬けごろになった。
こちらでは野沢菜漬けのことを「お葉漬け」と呼んでいる。

今までも、ポリ袋を使って醤油味の当座漬けを作っていたが、やっぱり寒さに当たった野沢菜は柔らかく、この本漬けに勝るものはない。

ところで、今年の、(いや、今年もと言った方がいいかな)家の畑のお葉(野沢菜のことを「おは」と呼ぶ)出来は今一つ‥

お葉が小さい時に虫に食われて、葉っぱは穴だらけ。それに、丈もいつもの年より伸びなかった。
でも、まあ、主に食べるのは葉柄だし、小さめでも味に変わりはないだろう。

問題は、泥汚れ。
夫が、野沢菜の畝の間際までトラクターで耕してくれたため、雨に打たれた泥が株の中まで入り込んでしまった。
当座漬けのときは株を切り離して洗ったからいいけど、今度はそういう訳にもいかない。

そこで、ずーっと前に近所の人から聞いた方法でやってみた。
収穫した野沢菜を、ざぶざぶ軽く洗ってから塩水で1~2日仮漬けし、しんなりしてから洗うというものだ。

そして、今日がその2日目。
あいにくの雨だけれど、屋根の下の作業だし、防寒支度をして頑張る。

当初カサはこの箱の高さよりもあったが、塩水と重石で半分になった。
野沢菜 洗い
[野沢菜漬け]の続きを読む
  1. 2012/11/26(月) 22:55:17|
  2. 農業
  3. | コメント:0

おばあちゃん、通院

おばあちゃん、このところ2件の通院をしている。

11/16 皮膚科
11/21 内科定期通院(12週に1回の)

皮膚科は、足の甲の先の方の皮膚が赤くなってしまったため。

実はおばあちゃんは爪水虫があり、爪が異常に厚くなっていた。その治療のために抗真菌薬(ニゾラール)を塗っていた。
最近、指の又の皮膚が剥けるような感じだったので、爪ばかりでなく皮膚にもその薬を塗っていた。

Drが、めくれた皮膚をピンセットでつまみとって顕微鏡で検査した結果、白癬菌はおらず、これは薬によって皮膚が炎症を起こしたと思われると。
そして、リンデロン-VG軟膏を処方してくださり、「2週間塗っても治らなかったら、また来てください。」と。

 ああ、おばあちゃん、ごめんね。
私ったら、てっきり水虫が皮膚の方にも広がったと思いこんでた。
早く治してやりたいばっかりに、通常1日1回でいいところを、朝晩、そしてデイにも頼んで入浴後にも、せっせとニゾラールを塗っていたわ。
それが赤くなった原因だったなんてねぇ。

ちょっと話は逸れるが、この爪水虫ってやつは、なんともしぶといこと。
そもそもは、おじいちゃんから水虫菌が移った?(25年もの水虫歴!?)
徘徊時代には自分では靴下の着脱ができなくなり、素足で部屋の中を歩き回るよりもいいと思って、常に靴下をはかせている状態だった。水虫には市販の水溶薬やスプレー薬で対応していた。
そのうちに爪が厚くなってきて、これはまずいぞと皮膚科へ連れて行ったが、当時「爪水虫は飲み薬でしか治せません」と。一応もらっただけの薬は飲ませたが、以後、皮膚科へ通院させることもなくなっていた。

ところが、2010年の8月、当時の訪問看護師さんが、「爪水虫は、飲み薬でなくても、塗り薬を根気よく続ければ治りますよ。」と教えてくださった。
それで、主治医から抗真菌薬のニゾラールを処方してもらい、毎日塗ってあげた。(最初はクリームだったが、塗りやすいローションに変更してもらった。)
やがて、爪が伸びて切っていくにつれ、黒い部分がなくなり、爪の厚みも少しは薄くなった。
だが、まだ完治には程遠い状態だ。

そうそう、たまに見ている「ラップ大学市民講座」にも、『爪白癬は塗り薬(抗真菌クリーム)で治る』とあった。ここでは、半年ってあったように思う。

お医者さんも推奨しているくらいだから、この抗真菌薬を塗るというのは、あながち間違った方法ではないと思うのだが、
おばあちゃんの場合は、これ以上悪化させないためと思っている方がいいのかも。

次の「続きを読む」に写真があります。グロイので、見てもいいよ‥という方だけ開いてください。^^;
[おばあちゃん、通院]の続きを読む
  1. 2012/11/23(金) 04:31:19|
  2. 介護
  3. | コメント:2

ゆずジャム

今年もこの時季がやってきた。
そう!ゆずジャム♪

といっても、この地は気温が低く、柚子は実らない。(柑橘ならば、せいぜいカラタチくらい。)

だけど、私はあのゆずの香りとすっぱさが大好き。
それを知って、友人がゆずを送ってくださった。ありがたいなぁ。

ゆずのヘタをとり、皮を剥いていたら、ケメ太とケメ吉がやってきた。

「ばあちゃん、いい匂いがする~。なに~?」

「これだよ。ほら、ゆず。昨日、あなたたちが頭に乗っけて遊んだでしょ。
 こうやって皮をむいて、それから種を出して、お砂糖を入れてぐつぐつ煮ると美味しいジャムができるんだよ。」

「ふーん。」

画して、ゆずの綿付きの皮、種を出した袋ごとの果肉と果汁に、重さの50%の砂糖を加えて火にかけた。
(この砂糖の分量だと、市販品より、ずっと甘さ控えめなジャムになる。)
ゆずジャム

レシピを調べると、皮のあくをとるために2~3回茹でこぼすとか、水につけてもみ洗いするとかあるけれど、
私はほろ苦いのが大好きなので、そういう手間は掛けずにいきなり煮ちゃうのだ。^^v
あくまでも、私の好みなので、万人向きではないと思うけれど。(笑)
[ゆずジャム]の続きを読む
  1. 2012/11/21(水) 11:33:35|
  2. 料理
  3. | コメント:0

母のこと(ちょいとあっても変わり無し)

毎度のことながら、遅ればせながらの日記だけど‥

11/14(木)
毎週木曜日恒例、実家の母のところへ昼食持参で訪問。
母は落ち着いているので(相変わらず、寝てばっかり)、現在は昼食前に着くようにしている。

この日は、母のところへ行く前に餅をついたので、あんころ餅やおかずをタッパーに詰めて持っていった。

こんなふうに、毎週、毎週、変わりなく出かけられることを、ありがたく思う。
そう、私が行かれるということは、おばあちゃんが元気でデイに行ったということだし、実家の母も元気で家に居るということだから。

前日からとても寒くなり、蓼科山は雪化粧。
蓼科山 ズームで


八ヶ岳は6回目の雪化粧。
今年、お年寄りから聞いた話では、八ヶ岳が7回白くなると、里にも雪が舞うとか。

雲を被った雪の八ヶ岳

実は先月、こんな木曜日恒例の均衡がくずれるかもしれない発言が、兄からあった。 [母のこと(ちょいとあっても変わり無し)]の続きを読む
  1. 2012/11/18(日) 00:22:38|
  2. 実家・母
  3. | コメント:1

映画「北のカナリアたち」を観に行った

11/12(月)
テレビのCFで見た、吉永小百合さん主演の「北のカナリアたち」。
そこに出てきた美しい利尻富士に目がくぎづけ。

もう、それだけで、この映画をどうしても観たくなった。
夫に話したら、即答で、「俺はいい。」だって。つまんない奴だなぁ。(笑)


それで、おばあちゃんがデイで、なおかつ夫が所用で昼食不要というこの日に、岡谷の映画館に行ってきた。
(この地方、映画館がすっかり減ってしまい、この映画は、車で30分の岡谷まで行かなければ観られないのだ。)
上映は4号館
      北のカナリアたち



[映画「北のカナリアたち」を観に行った]の続きを読む
  1. 2012/11/15(木) 00:02:55|
  2. 暮らしのひとこま
  3. | コメント:2

大震災の復興チャリティイベント

11/10(土)

市内の「かんてんぐら」で行われた、「がんばろう東北 石巻歌い隊からの便り」と称した
チャリィティーイベントに行ってきた。
イベントのメインは、ジャズ歌手 澄淳子さんのライブ。
澄淳子さんは、甚大な被害を被った石巻市で被災者支援のライブ活動や、被災者が集まるコミュニティスペース建設の支援をされているそうだ。

ライブに先立ち、地元中学3年生の和太鼓の演奏や、
澄淳子さんの石巻での活動や被災地の様子を撮影されたドキュメンタリィー映画「東北ブギ 第2次石巻うたい隊」の上映もあった。
この映画が撮影されたのは、今年の2月。まだまだ復興が進まない郊外の様子や、心に深い傷を負った女の子の姿が痛ましかった。

休憩時間に蔵の外へ。
このかんてんぐらは、元は岡谷で昭和の初期に製糸のまゆ蔵として使われていたものを、後に寒天蔵として移築されたのだとか。歴史を感じる建物だ。
庭では、くらの市(販売)も行われていた。

かんてんぐら
[大震災の復興チャリティイベント]の続きを読む
  1. 2012/11/14(水) 00:07:53|
  2. お出かけ
  3. | コメント:0

このごろの私

メタセコイア


書きたいこと、記録しておきたいことはいっぱいあるのに、それを文字に、文章にすることができない。
もどかしいけれど、そんなときもあるさ。

いや、私の場合はそんなときばっかりか。--;


幸い、おばあちゃんの痰が絡んだような咳は治まり、吸引の必要もなくなり、ほっとしている。
(老化してゆく以上、これからもまた起こると思っているが‥)


今、とあるお方の、日々認知症について綴っておられる記事を読んで、熱い涙がこぼれた。

[このごろの私]の続きを読む
  1. 2012/11/12(月) 23:24:33|
  2. 介護
  3. | コメント:0

八ヶ岳に呼ばれた♪

11/2
八ヶ岳は、今季3回目の冠雪。気温が低いため、昼になってもまだ山肌が白い。

午前中1時間ほど畑に行き、帰り、山がよく見える場所まで足を延ばした。
美しいなぁ。
ブルーベリーの紅葉もきれい。携帯で撮影。
雪の八ヶ岳とブルーベリーの紅葉

午後も、もう少し畑仕事をしようと思ったけれど、
なんだか八ヶ岳に、「もっと近くへ来てご覧♪」って呼ばれたような気がした。
そう、明日になったら雪は消えちゃうもの。

昼食後、おばあちゃんは咳こみもなく、直にすやすや眠った。
「行こう!」
向かった先は、八ヶ岳中央農業実践大学校(通称、八ヶ岳農場)


どどーーんと間近に八ヶ岳!(クリックで大画面になります) 
八ヶ岳

[八ヶ岳に呼ばれた♪]の続きを読む
  1. 2012/11/04(日) 23:35:37|
  2. 風景・花
  3. | コメント:6

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する