わたしの暮らし

おばあちゃん(姑95歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

ミキサー食作りにも慣れた

現在の家での食事は、私たちと同じ献立をミキサーにかけると食べられるので、最近は冷凍介護食は使っていない。
慣れてみると、圧力鍋で蒸し直してソフト食を作っていたときよりも、楽なような気がする。

主食は施設ではおかゆを食べられているそうだが、家では主に甘酒だ。(たまにはおかゆや雑炊)
甘酒は残りご飯を使って、炊飯ジャーの保温機能で一晩ででき、冷蔵庫で3~4日保存が効くので、これまたおかゆを炊いていた時より楽だ。

ミキサー食
 ・茹でた小松菜入り甘酒(200cc)
 ・とろろ昆布のお吸い物
 ・鶏肉と野菜のトマト煮
 ・塩鮭(加熱した長芋マッシュ入り)
 ・煮豆
 ・お茶


朝は、ミニクリームパンを持たせると口に運べ、もぐもぐした後飲み込める。
(小さい口しか開かないので、パンを軽く押しつぶして半分に切る。)

 朝食

但し自力で食べてくれるのは、パン1個が限度かなぁ。 [ミキサー食作りにも慣れた]の続きを読む
  1. 2013/04/30(火) 10:49:57|
  2. 介護
  3. | コメント:2

おばあちゃん、老人性膣炎+細菌性?

こぼれ種で咲いたビオラ

デリケートゾーンの話なので、以前、アップしそびれていたかもしれない。(記憶がない)

おばあちゃんは3年ほどまえから帯下(おりもの)がある。
当時、主治医から膣錠を処方してもらい、それで治まったかと思うとぶり返していた。
やっぱり専門でないとダメなのかと産婦人科を受診したところ、「ホーリンV]というホルモンの膣錠を出してくださった。
それを定期的(現在は2日おき)に挿入してやることで、帯下のコントロールができていた。

ところが、先週火曜日、パッドに茶色っぽい色がついており、挿入の日を早めてホーリンVを使った。
だが、パッド交換時、毎回ではないもののなんとなくパッドに色がついている。(尿と一緒なので薄まって分りづらい)

金曜日朝は37.oの熱。立位がとれない。
手元にもらってある、抗生剤のセフゾンを飲ませ様子をみる。 [おばあちゃん、老人性膣炎+細菌性?]の続きを読む
  1. 2013/04/30(火) 05:52:10|
  2. 介護
  3. | コメント:0

季節外れの遅い雪

朝、起きた時は雨だったのに、6時ころから雪に変わった。
みるみる積もる。

季節外れの雪


この10日間くらい、気温の変動がなんとも大きい。
4/13は氷が張ったし、4/18は初夏を思わせるような暑い日だった。

そして、今日はまた冬に逆戻り。
こんな年も珍しい。

季節外れの雪 (3)


先週作った苗代の管理に気を遣う。
[季節外れの遅い雪]の続きを読む
  1. 2013/04/22(月) 00:18:47|
  2. 農業
  3. | コメント:2

母の面会、そしてお花見

土曜日、次男と一緒にお嫁さんのTちゃんも来た。
実はTちゃんは妊娠中。安定期に入ったので、気分転換にと。

夜、次男は仕事で本部に出かけ、私はTちゃんとおしゃべり。
今時の産婦人科病院はすごいね~
DVDに、胎児のエコー写真や4D画像をまとめてくれてあり、それを見せてもらった。
まだ8センチというのに、耳のところに手をやって、考え事をしているような格好をしているの‥

先月は友人が亡くなり、とっても辛かったけれど、こうして育まれている命もある。
5か月後には3人目の孫が誕生する。なんて幸せなことだろう。

翌4/14、次男は仕事なので、Tちゃんを誘って外出した。

長男夫婦は、ケメ太とケメ吉をママの実家に迎えに行った。
(昨日は苗代作りをしたので預かってもらったところ、二人ともじいちゃんちに泊まりたいと…^^)

     ・・・・・

それで、私とTちゃんとの行き先は、まず母がいるY施設へ。 [母の面会、そしてお花見]の続きを読む
  1. 2013/04/17(水) 22:18:31|
  2. 実家・母
  3. | コメント:4

元気、回復中

先週はじめは、あまりの痛みに“病院”と思ったが、幸か不幸か整形外科は受診できなかった。
今、考えてみれば、これで良かったのだと‥
レントゲンには、筋肉や腱や神経は写らないもの。

そして、いつもの整体に行った。
ここのセンセ、いつもキビシイことをおっしゃる。
(私は以前から、気がついたことを言ってくださいと伝えてある。
そして、センセはセンセで、何を言おうと、この客は逃げないと確信しておられる。)

「筋肉が変わってきている。」とか、「ちゃんと水分を摂りなさい。」とは、このところ毎回言われる。
そりゃそうでしょ、この治療院に通うようになったのは40代前半だったんだもの。
当時は、筋肉+脂肪でパッツンパッツンみなぎっていた。
最初は、私が女ざかり?の年代だからと向こうでも遠慮し、奥さんが担当して下さったが、凝った筋肉は奥さんでは太刀打ちできないと、ご主人がやってくれるようになった。


年齢を重ね、しぼんできたのは、まあ仕方ないにしろ、
「パソコン、やりすぎじゃないの?Kさんが俺の女房だったら、俺はパソコンを庭に叩きつけて壊してる。」とまで。

うう‥  お見通し。  [元気、回復中]の続きを読む
  1. 2013/04/16(火) 17:10:03|
  2. 健康
  3. | コメント:4

病院へ行ったが‥

今年の春はどうも調子が悪い。
農作業をした翌日はもう背中、肩、首、腰が痛くて…
とりあえず、今年の畑の作付は縮小し、地場産コーナーへの持ち込みは止めようと思うと、夫に告げた。
野菜や山菜の販売金額は僅かでも、社会参加できてるようで楽しかったんだけど、仕方ない。
介護を継続させられる身体でなくては。


この不調の原因を知りたくて、今日は病院へ行った。
ところが、「今日から整形外科は完全予約制です」とのこと。知らなかった。

それで、もしレントゲンを撮ったとしても「異常なし」って言われるだけだろうから、これで良かったんだわ‥と思うことにした。
本当は、自分ながら心当たりがある。ストレッチをさぼって、ちょっとしかやってない。
柔軟性や筋力が損なわれている身体に、農作業が堪えたのだ。

代わりといったらなんだけど、内科を案内された。
(痺れがあると言ったら、内科で診てもらいましょう‥と。)
せっかくだから、血液検査をしてもらった。
結果は1週間後だそうだ。

痛み止を出してくれたが、これって痛みを感じさせないだけだよねぇ。
心して、運動をしなくっちゃ。


ほんとは写真を撮る気力もなかったのだが、この天気にあやかりたくて、八ヶ岳が見える場所へ、ちょっとだけ寄り道した。
帰ってから寝たら、痛みが少しやわらいだ。

八ヶ岳

八ヶ岳ズーム


  1. 2013/04/08(月) 21:28:19|
  2. 健康
  3. | コメント:2

おばあちゃん、スイッチON・OFF

おばあちゃん、このところ身体的には、元気だ。
だけど、頭の中身がねぇ‥

毎年2~3月は、情緒不安定のハイテンションになる。
一般に言われる「木の芽どき」より時期的に早いので、もしかして日光に反応する?などと思ってみたり‥

3月下旬にやたら眠ってばかりの日が続いたので、そろそろ終息か?と思ったが、そうではなかった。

大きな声で歌うはしゃべるは‥
歌やハーモニカのテープをかけてやってもお構いなしで、それとは別の「木曽節」と「信濃の国」をミックスさせ、その歌詞の合間にせりふ付き。それがオートリバースで連日3時間。

まぁ、それはいい。ピック病に由来することなんだろうと思っている。
水分補給をさせ、聞き流していればいいことだから。

困るのは、食事中に突然スイッチが切り替わってしまったように、飲み物を口からベェ~~と吐いてしまうこと。

[おばあちゃん、スイッチON・OFF ]の続きを読む
  1. 2013/04/03(水) 22:34:43|
  2. 介護
  3. | コメント:2

ケメ太 自転車の練習

実はケメ太、まだ自転車に乗れなかった。

自分の息子たちは、特別練習させなくても、補助輪をはずした時にはちゃんと乗れるようになっていた。
でも、ケメ太はそうじゃなかった。個人差があるから、これは仕方ない。

この冬ネットで調べ、「ペダルをはずして練習するといい」と知り、パパにペダルをはずしてもらった。
だけど、いかんせん冬は寒く、雪もあって、自転車の練習どころではなかった。

そんなわけで、この春休みにケメ太に自転車に乗れるようにしてやりたくて、私がしゃしゃり出た。
ケメ太は慎重派だから、それなりのプロセスを踏んでやらないと…

初めは庭で練習。サドルに座って、つま先で地面を蹴って進む。
そして、ハンドルさばきや、ブレーキの練習。まあこれは補助輪を付けていたときにも出来ていたから、OK

次は、なだらかな下り坂で、バランスを取る練習。
好都合なことに、この時季の田んぼ道はまったく車が通らない。
初め、用心深くつま先を着きながら乗っていたが、すぐコツをつかんだ。

20130321自転車の練習
[ケメ太 自転車の練習]の続きを読む
  1. 2013/04/02(火) 22:51:34|
  2. | コメント:2

母のこと(老健へ移った)

水曜日の朝、義姉さんから電話があった。
母は3/29(金)、Y老健施設に移るとのこと。

実は義姉に人事異動があって、勤務地や仕事の内容が変わるそうだ。
今度は自宅から近い事務所になるのはいいものの、しばらくは引き継ぎや新しい仕事の習得で忙しい。
母を預かってもらうところをケアマネに探してもらったところ、Y施設に決まったそうだ。

行き先が見つかって良かったわ。
義姉さんは「しつこく働いててごめんね。」って言った。
私は、義姉さんに仕事を辞めて母のことを在宅で看てもらいたいとは思っていない。
それぞれの家庭なりにそれぞれの事情があるのだから、それにふさわしい介護形態をとればいいと思っている。
幸いにも母は、うちの義母とは違って、施設に入れるくらいの年金や蓄えがあるはずだ。
ここで実家のことを詳しくは書けないけれど、病気の子がいて将来の不安がある中、お義姉さんは本当によくがんばっていると思う。

さて、金曜日、老健に移ったばかりの母に会いに行ってきた。 [母のこと(老健へ移った)]の続きを読む
  1. 2013/04/01(月) 13:43:01|
  2. 実家・母
  3. | コメント:0

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する