わたしの暮らし

おばあちゃん(姑94歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃん、たぶん次のステージに?

昨日は、お宮参りに長野まで行っていたので、もしも私の帰宅が間に合わなければいけないと思い、デイの帰宅時間を遅い便にしてもらった。

おばあちゃん、車から降りたときは元気で健康談議を繰り返していた。
着替えのとき、やけに脚が冷たいなぁと気になりつつ、電気毛布を入れた布団に寝かせた。
夕飯も、先に食べさせ、普通に摂れた。

異変に気がついたのは、夫と私がもうすぐ食事が終わるというとき。
おばあちゃんの呼吸の音が大きく、変!!

その顔にびっくりし、急いで訪看さんに電話。
なかなか電話がつながらない。(後で分ったのだが、入浴中だったそうだ。) [おばあちゃん、たぶん次のステージに?]の続きを読む
  1. 2013/10/27(日) 23:05:04|
  2. 介護
  3. | コメント:5

ココ松のお宮参り

10/26(土)
先月21日に生まれた孫「ココ松」(私の次男の長男)の、お宮参りに行って来た。

まだ小さいので遠距離の移動は避け、実家へ里帰りしているお嫁さんの氏神様である象山神社へ。
象山神社

ここの御祭神は、佐久間象山先生だそうで、地元では知恵の神様と崇められている。
象山神社 http://zouzan.net/ZouMain.html

[ココ松のお宮参り]の続きを読む
  1. 2013/10/26(土) 23:16:27|
  2. 暮らしのひとこま
  3. | コメント:2

おばあちゃん、変動差の1週間

実際の私の暮らしは、いかにも繁雑に継続されているのに、ブログの「わたしの暮らし」は停滞したままだわ‥
まっ、こういう時もあるさ。

おばあちゃんは、台風26号が去って急に寒くなったときに高熱を出し、その後熱は下がったものの不調な数日間だった。
痰が絡んで、訪問看護ステーションから吸引器をお借りした。(フェルガードLAや半夏厚朴湯は飲ませていたのだが)
訪看さんから排痰のための体位交換やマッサージを教えてもらい、勉強になった。
そういうことは、私が頑張ればなんとかなるのだけれど…

ピック病特有の、まるでこの世の人とは思えないような気味悪い顔つき(何か怨霊にでもとり憑かれて、あちゃらの世界に引っ張り込まれているような)を、久しぶりに経験した。
こういうときは、おばあちゃんに私の声も届いていない。
幻視が見えているときも、それなり不気味な表情だけれど、それ以上のものなのだ。
[おばあちゃん、変動差の1週間]の続きを読む
  1. 2013/10/22(火) 00:02:07|
  2. 介護
  3. | コメント:3

友人ご夫妻がみえた

はるばる九州から、ネッ友のかよちゃんご夫妻が訪ねて来て下さった。
というか、京都まで来られたので、脚を延ばしてくださったという方がいいかな。
京都への目的は、お母様の納骨をなさるためだったそうだ。

この納骨って、かなり地域や宗派によって違うらしい。
私の処では、全部のお骨をお墓に納めるが、この方は喉仏は本山にお納めするのだそうだ。
(更にネットで調べたら、お骨のそれは正確には第二頸骨で、その形が仏様が座禅を組んでいる姿に似ているからだとか。画像もあった。一般に喉仏と言っている甲状軟骨の突起した部分は、火葬の際に溶けて無くなってしまうそうだ。脱線してしまったが、私にとっては、へ~~だった。)


かよちゃんは、昨年大変な病気(悪性リンパ腫)になってしまったが、辛い治療を乗り越えて元気になられた。
その3年前には子宮癌の手術も経験されている。

そんななので、お会いしたときは、私も感極まって、涙、涙だった。
うれしい。元気になって、ご主人と来て下さるなんて、こんなうれしいことがあるだろうか。

一緒に行ったところを、数か所だけアップ。
長野の善光寺
善光寺
[友人ご夫妻がみえた]の続きを読む
  1. 2013/10/11(金) 23:00:10|
  2. 介護
  3. | コメント:2

母のこと(短期意識消失、4日間の入院)

再放送のお知らせ
ためしてガッテン「気づいて!新型認知症  見分け方&対策大公開」をご覧いただけなかった方は、
再放送が10月8日(火)午後4時5分から、NHK総合テレビであります。


     ・・・・・

諏訪湖ためしてガッテンを見ましたのに、のんき者のワタクシメ、その感想が書けないでいました。

番組はレビー正体型認知症をまったく知らない方に、こういう認知症もあることを知ってもらう機会を作っていただけよかったと思います。

ただ、私の感想としては、幻視が大きく前面に出て、そのイメージが強く焼きついた感もあります。
薬剤過敏や、薬の奇異反応、認知症治療薬のアリセプトで、余計に病状が悪化してしまう人がいることを、大きく伝えてもらいたかったですが、そういうことを声高だかに放送できない事情もあるんだろうなぁなどとも思いました。

また、レビー小体型認知症でも、幻視の見えない方もいれば、また、幻視が見えていてもそのことを隠している方もいるそうなのです。(レビーは知能も記憶も保たれる方が多いために、幻視が見えたことによって、精神的な病気と間違われることを回避するためでしょうか。)

あらためて過去を思い出してみれば、うちのおばあちゃんは10年以上前には、テレビの前の椅子に座っていた時、空中に手を伸ばして、何か摘まむ動作をしていました。今よりも言葉をしゃべれない時期でしたから、もしかしたら虫でも見えていたのに、それを伝えられなかったのかもしれません。

     ・・・・・・

以前から私は、しばさんとおっしゃる方のブログを読ませていただき、レビー正体型認知症ばかりでなく、認知症全般についての勉強させてもらっております。

しばさんは、多くの書籍、新聞、インターネットから豊富に情報を入手され、徹底的にお調べになられたうえで、正確な記事を書いていらっしゃいます。
今回の、ためしてガッテンの取材も受けられたそうです。

多くの方々に、しばさんのブログを、ぜひお読みいただきたいと思います。
10月4日に書かれた記事では、ためしてガッテンの補足もされています。

レビー小体型認知症の母 突然始まった遠距離介護
父もピック病。希望の持てる認知症医療・介護情報を掲載中。http://nonohana7.blog134.fc2.com/ 



さて、ここから先は、母のことについてです。
10/29 朝、実家の義姉さんから電話があった。「実は、昨日、おかあさんが突然意識を失ってねぇ…」と。 [母のこと(短期意識消失、4日間の入院)]の続きを読む
  1. 2013/10/06(日) 01:00:28|
  2. 実家・母
  3. | コメント:2

レビー正体型認知症をとりあげた番組の紹介

レビー正体型認知症についてのテレビ番組のお知らせです。

ためしてガッテン http://www9.nhk.or.jp/gatten/
明日10月2日(水)午後8時00分~ NHK総合テレビ

「気づいて!新型認知症  見分け方&対策大公開」

うちのおばあちゃんは、前頭側頭型認知症のひとつであるピック病に加え、レビー正体型認知症も併発しています。

おばあちゃんが市販の風邪薬に異常な反応を示した時、ネット検索でこのレビー正体型認知症にたどりつきました。それまでは、この病気のことをまったく知りませんでした。
その数年前から幻視が見えており、そのことを主治医に話しましたが、「そういうときは一過性の微小脳梗塞がおこっているのでしょう。」などと言われただけでした。

多種多様な幻視が見え眠らなかったとき、お医者さんは「幻視を消すリスパダールという薬を出しましょう。」とおっしゃいました。
私は、ネットでレビーの人がその薬を使うと歩けなくなることを読んでいましたので、丁重に断りました。
その知識がなく、医者に言われるまま飲ませていたならば、おばあちゃんは歩けなくなり、QLは今よりもっと劣っていたことでしょう、そして私の介護も、もっと大変な状況になっていたことでしょう。


いろんなサイトを読ませてもらうにつけ、
「ああ、おばあちゃんに起こっていたあの症状も、この症状も、レビー正体型認知症によるものか。」と、目から鱗でした。


今は主治医もレビーのことを分ってくださっていますが、いまだに医療関係者や介護関係者の間でも、このレビー正体型認知症のことが周知されていないようです。
(薬剤に対し、過敏であったり奇異反応をおこしてしまうため、哀しい結末を迎えてしまうこともあるようです。)


明日の「ためしてガッテン」、ぜひご覧いただきたいと思います。
  1. 2013/10/01(火) 10:02:18|
  2. 介護
  3. | コメント:3

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する