わたしの暮らし

おばあちゃん(姑94歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃん、飲み込めない。

今朝の朝食と、10時半ころのアクエリアスはなんとか飲み込めたのに、昼食からまた飲み込めなくなった。
「また」というのは、実は先週も2日間に渡り同じことがあったからなのだが‥

その飲み込めない様子たるや、まるで飲み込むという動作そのものを忘れてしまったかのよう。
唇にコップをあてがい、飲み物を口腔内に流し込んでやると、一旦は口を閉じるものの、ずっと口に含んでいて飲み込まずに、やがてたらたらと流れ出てしまう。
今までならば、アイスクリームがお助けマンとなって、飲み込むきっかけを作ってくれたが、それもだめだ。

意識レベルも低く、ベッドに寝かせると爆睡している時間も長い。

前回は3日後には、まるで「アレは何だったの?」というように元に戻り、飲み込めたし、歌も歌え、感謝の言葉も言ってくれた。
しかしケアマネさん(訪看兼務)と、「きっとまた、同じような状態を繰り返すだろうね。」と話したのだが、早くもその通りだ。 [おばあちゃん、飲み込めない。]の続きを読む
  1. 2014/06/29(日) 23:16:54|
  2. 介護
  3. | コメント:6

八ヶ岳自然文化園

6/15 (日)
この地方、入梅当初は雨が降ったものの、その後は雨が少ない。
川や田んぼに水を取り込むセギの水も少なめで、今後、ほどよい雨が待たれる。

とはいえ、カラッと晴れ渡った空は気持ちがいい。
この日はまさにそんな天気だった。
原村農道
ちなみに上の写真の黄色い花は「オオキンケイギク」といって、日本の生態系に重大な影響を及ぼすおそれがある植物として、外来生物法による「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売、野外に放つことなどが禁止されているそうだ。
そう、この向こうにある土手はその繁殖力の強さから、このオオキンケイギクでまっ黄色になっていた。
鮮やかな黄色で、風に揺れている様子は愛らしいのだけれど、アレチウリやオオハンゴンソウなどと同じ扱いで、駆除の対象となっているそうだ。



本当は入笠山か霧ヶ峰に行きたかったが、おばあちゃんを置いて長時間出かけるのは無理‥
でも、ちょっとだけ~~っと、原村の八ヶ岳自然文化園に行ってきた。

白樺林とレンゲツツジ


一番は、この花を見たかった。
よかった~。まだ咲いていた。「ベニバナイチヤクソウ」
ベニバナイチヤクソウ
[八ヶ岳自然文化園]の続きを読む
  1. 2014/06/20(金) 15:50:44|
  2. 風景・花
  3. | コメント:8

おばあちゃん、リサイタル

天気が良い日は部屋の窓を開けて、風を通している。
庭にいたら、そこまでおばあちゃんの歌声が聞こえてきた。
ごきげんだ。
夫と「おばあちゃん、元気になってよかったね。またリサイタルが始まったわ。」と顔を見合わせた。

実は土曜日の晩に高熱を出した。
デイから帰ったとき足が妙に冷たくて、やだなと思った。
足元にあんかを入れて休ませたのだが、案の定の発熱だった。
軽い咳もしていたが、かえってそれは尿路感染による発熱ではないという確証につながり、それほど不安は感じなかった。
解熱の座薬、抗生剤の飲み薬、クーリングで対応し、3日目の今朝は熱も下がり、表情も良くなった。
以前主治医が、「抗生剤はすぐには効かず、効果が出てくるのは3日目くらい」と教えて下さったが、その通りだった。

[おばあちゃん、リサイタル]の続きを読む
  1. 2014/06/17(火) 16:13:43|
  2. 介護
  3. | コメント:2

病院内 ハーブガーデン

母の面会に行った後、お隣の諏訪中央病院に寄ってみた。
現在、増築の大工事が進んでいる。
それに伴い、母が以前ショートのとき日中過ごしていた建物も、解体作業中だった。
(老健はリフォーム工事を行い、現在母は1階フロアで過ごしている。)

工事個所を通り過ぎて建物反対側の裏庭に回ると、あの喧騒が嘘のような静寂な世界。
今にも降り出しそうな天気だったためか、ハーブガーデンには誰もいない。
たくさんの花たちを、独り占めで見せてもらった。
病院ハーブガーデン 1
[病院内 ハーブガーデン]の続きを読む
  1. 2014/06/11(水) 22:09:43|
  2. 風景・花
  3. | コメント:6

母のこと (施設はありがたいなぁ)

6/7 母に会いにY老健施設に行って来た。
兄はショートの日程を連絡しくれないので、ショートステイのフロアにいなければ、デイケアのフロアに行けばいいや‥と思って、土曜日を面会の日に当てている。
母はまだショートに預かってもらっていた。(先月22日からお世話になっている。)

もう母さんが、私のことが分からなくなっているのを知っているので、
開口一番、「母さん、娘のケメコだよ~。」と名乗ってからだ。

母さんは変わりなく、穏やかにしていた。
自分から話始めることはないけれど、私の話に相づちを打ちながら、にこにこ聞いてくれる。

帰るとき、母さんにしては珍しく、「ちょくちょく会いに来てね。」って言った。

施設を出たら、庭のエゴノキがそれはそれはたくさんの花をつけていた。
エゴノキ

     ・・・・・・  

ところで、5月に書いた母の記事、下書きのまま完結せず‥
ボツにして、改めて書きなおし。

冬の間老健で預かってもらっていたときは、安定していて変わりがないように見えたのだが、いざ4月9日に家に帰ってからは、相当大変なようだ。

帰宅直後、ポータブルトイレの相談を受け、私も実家へ様子を見に行った。
良かったと思ったのは、やっと兄が本気を出して、ベランダにスロープをつけ、車椅子で居室に出入りができるようになっていたことと、兄も介護の手伝いをしていたこと。何しろ母は60キロほどあるので、その介助には力が要る。

ポータブルについては、結論として、もうその利用は無理で、買わない方がいいというのが、義姉さんと私の共通の見解となった。
[母のこと (施設はありがたいなぁ)]の続きを読む
  1. 2014/06/08(日) 22:30:32|
  2. 実家・母
  3. | コメント:0

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する