わたしの暮らし

おばあちゃん(姑95歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

ラーラ松本

2/21(土) 「ラーラ松本」の温水プールへ行ってきた。

ここは、松本クリーンセンターという
ごみ焼却施設から発生する熱や電気エネルギーを有効活用した施設だそうだ。
ラーラ松本

入場料は、プールとお風呂のセットだと割引になり、1020円。
プールは左側の大きな建物、お風呂は中央の建物の5階で、露天風呂からは北アルプスの展望が良かった。

ラーラ松本 」HP http://user1.matsumoto.ne.jp/~lala/
[ラーラ松本]の続きを読む
  1. 2015/02/23(月) 07:02:18|
  2. お出かけ
  3. | コメント:2

おばあちゃん、訪問診療

2/18(水) 主治医の、月に1回の訪問診療の日。
このところ、毎回違った研修医や学生さんをお連れになる。
先生は指導者という立場でもあり、お忙しい.

まず、先生から「このごろお熱は出ませんか?」と聞かれる。
「この1カ月、熱は出ませんでした。」と答え、おばあちゃんの様子を報告する。

・昨日、デイに到着直後、全身痙攣があったそうです。
  その痙攣は4分ほどで治まり、意識も戻り、呼吸は10分ほどで正常になったそうです。
  入浴はやめ、清拭をしてくださり、静養した後、昼食は介助で全量食べられたそうです。
  前回の痙攣は12/2でしたので、2カ月半ぶりです。

・飲食は自宅でもよくできており、尿もよく出ています。
・排便は週2回ラキソベロンを飲ませ、問題なく出ています。
・背中の骨の出たところは、サージットを定期的に張り替えているので、皮膚トラブルはないです。

・眠る日とよく喋る日を、2~3日交代で繰り返しています。
 喋る日は、一旦始まると1時間~1時間半続き、やがて静かになった後少し眠ります。
 尿パットを替え、水分を摂らせたりもしますが、すぐまた始まるので、好きにさせています。
 眠る日は、結構眠りっぱなしです。でも、食事は起こして車椅子に座らせると、飲み込めます。
 なかなか口を開いてくれないので、動物の鳴き声やら九九を言わせながらだと、上手くいきます。
 食事とも言えないような滑稽な光景ですが。

「喋っているときの様子を動画に撮ってみましたが、先生、ご覧になります?」
先生が見てみたいとおっしゃったので、PCで再生した。
[おばあちゃん、訪問診療]の続きを読む
  1. 2015/02/22(日) 17:19:16|
  2. 介護
  3. | コメント:0

気分転換のお出かけ

このところ、けっこう歩き神になっているかも‥
夫を誘うが、いつも断られる。夫は、薪作りのアルバイトを気ままにしている方がいいそうだ。
だからおばあちゃんをデイに送り出してから、夫の昼食を用意して、独りで安・近・短の場所へ。
この、家から離れたいというのは、介護のストレスをやり過ごさなくっちゃという心理? 逃避?

おばあちゃん、抑肝散が効いたのは数回のことで、眠る日、喋る日を繰り返している。
そのおしゃべりの内容たるや、最近は支離滅裂な自慢話が多い。
抑肝散の分量を増やせばいいかもしれないが、もしかしてまた副作用が出るかもしれないと思うと、躊躇してしまう。
デイでも小声で喋っているらしいが、「周りがにぎやかなのでそれほど気にならない。」と言ってくださるのは幸いだ。
ちなみに、真夜中にこれが始まるとうるさいよ。

認知症のBPSDは変化してゆくことは、過去の経験から分っている。
このお喋りがいつまでも続くわけじゃない。あはは、もっとたちの悪いことが起こったりして。 
でも、もう歩けないから、過去のような徘徊なんて絶対おこらないから、いいや。
ほんと、あの頃は最悪だった。30年前なんてデイはなかったから、いつもおばあちゃんのことを気にしていなくてはいけなかった。
今は、出かけられることに感謝、感謝!

写真だけアップしておこうと思ったのに、前振りが長くてスミマセン。
気をとりなおして~~遡りながら記録しておこう。

2/14 山梨県ゆーぷる韮崎」 http://yu-pool.moo.jp/  
このドームの中は流れるプール。泳いでから、横の温泉にも入った。
ゆーぷる韮崎
[気分転換のお出かけ]の続きを読む
  1. 2015/02/15(日) 17:30:10|
  2. お出かけ
  3. | コメント:2

母のこと (あまり変わりなく)

母はY老健施設で、冬季間お世話になっている。
いつ面会に行っても、あまり変化なくじっと座ったままおとなしくしている。

それでも、今回は車椅子でなく椅子に座っていた。
職員さんにお聞きしたら、「○○さん、がんばって歩く練習をしていますよ。」と。
トイレに行く時は、母はU字型の歩行器を使って歩いているとのことだった。
もちろん、職員さんの指示や介助を受けながら、やっと歩いているような状態だと思うが‥ありがたいことだ。

母さんとは、もう会話らしい会話は成立しなくなってしまった。
それでも、いつも私の話をにこにこしながら聞いている。
私の話す内容なんて毎回同じようなものだが、母は覚えていられないからいいのだ。^^;

他の方の迷惑にならないように小さな声で歌を歌ってみたが、母は以前より随分歌詞が出てこない。
昨年はすらすら歌えた諏訪郡歌も、「知らない」という。
そう、母にとっては「忘れた」のではなく、その部分がそっくり抜け落ちてしまったのだから、「知らない」のだ。
アルツハイマー病だから仕方ないが、いろんなことが消えていってしまい、なんだか切ないなぁ。
[母のこと (あまり変わりなく)]の続きを読む
  1. 2015/02/10(火) 23:18:33|
  2. 実家・母
  3. | コメント:2

また雪

この冬の当地、降雪の回数が多い。
いつもの冬は、西高東低の気圧配置とやらで、長野県北部は雪でも、中南部のここは乾燥した晴れの日が多いのだが‥
今年は南岸低気圧が次々と通過してゆくので、そのせいだと思う。

今日も朝から雪だった。
昼食前に雪かきをし、夕方雪が止んでからまた雪かき。
それでも、今日の雪はそれほど多くなくて良かった。

近所の遠縁のおばさん(亡き義父の従弟の奥さん)、先週から腕の痺れや腰の痛みが増してしまったとのことで、前回から、やっと雪かき全部を任せてくれるようになった。
今までは私が雪かきに行くと恐縮して、いいって言うのに一緒に作業していたのだ。
[また雪]の続きを読む
  1. 2015/02/08(日) 22:52:45|
  2. 暮らしのひとこま
  3. | コメント:0

おばあちゃん、「おかあさんもご一緒に~」

おばあちゃんは、先月のあのハイテンションがまるで嘘だったかのように穏やかになった。
そう、あの時はまるで何かに取り憑かれたようになってて、喋り方も全然違っていた。


今日の午後、「おばあちゃん、おやつだよ。起きて、おやつに行こうね。」って声を掛け、車椅子に移乗させたら、

「おかあさんもご一緒に~」って、そんな心優しい言葉を返してくれた。
「ありがとうね。おばあちゃん、私にもどうぞなんて、優しいね。」

昔はこういう言い方はまったくしなかった(できなかった)けれど、なぜか最近聞かれる言葉だ。

おやつは、温めた豆乳にあんパンを加えてミキサーにかけたものと、お茶。
あんパンはカロリーがあるし、トロミ剤の代わりになっていいかなと思っている。

それを飲ませていたら、おばあちゃんは何やら嬉しそうに「ふふふ」と笑っている。
そう、斜め上を見ながら眼球が動き、幻視が見えているときの目付きだ。
「おばあちゃん、何が見えるの?」って聞いたら、

「おかあさんも一緒にどうぞ~」だって。 (笑)        [おばあちゃん、「おかあさんもご一緒に~」]の続きを読む
  1. 2015/02/04(水) 23:05:37|
  2. 介護
  3. | コメント:0

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する