わたしの暮らし

おばあちゃん(姑94歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃん、退院し在宅で

おばあちゃんは11月27日に退院し、家で穏やかに静かな時を送っている。
心配された熱も出ず、ほほ笑むような顔つきで眠っている様子を見るにつけ、家に帰してもらって良かったなぁと思う。

今日は、おばあちゃんが眠っている合間に、私は散歩にも出られた。やっぱり、病院より家がいい。^^

初冬の八ヶ岳

退院のきっかけは、24日午後、病棟看護師長さんとの会話からだった。
その日の朝、私が担当看護師さんに「5000円の方の個室が空いたら、移してもらいたいのでお願いします。」と申し込んでいたことに対する、「今のところ空く予定が無くてすみません…」というものだった。

入院当初は「今夜が山場」と言われ個室を勧められた。(もしもの場合、経済的事情が許さなければ、処置室に移動させるという方法もあるそうだが…)
その後山場を越えて4人部屋に移れたものの、また「非常に厳しい状態です。」と言われて移った個室は、1万円の高い部屋きり無かったのだ。
やがてその厳しい状態も乗り切ったように思えたが、今度は「あー、あー、あー」と声を出すので、個室に居たい。
されどもいつまで入院が続くか見通しがつかない中、1日1万円が積み重なってゆくことに家計の不安も覚える。


そんなお家事情も正直に伝えた上で、「この3日間は熱も下がり、血圧も安定し、またいくらか喋るようにもなりました。これだったら、もしかしたら家に連れて帰って在宅療養ができるんじゃないかとの想いも湧いてきています。」と。

看護師長さんは、その私の気持ちを汲み取ってくださり、「先生に聞いてみましょう。」と。
それからの展開は、本当に速かった。
[おばあちゃん、退院し在宅で]の続きを読む
  1. 2015/11/30(月) 23:25:41|
  2. 介護
  3. | コメント:3

おばあちゃん、最期が近いと思われる

入院してから11日間が経過した。
あれほど美しかった真っ赤なカエデや黄金色だった落葉松も色あせ、はらはらと舞い落ちている。

病院裏側のハーブガーデン

おばあちゃん、一時は体温や血圧が安定し、病院のソーシャルワーカーから「今後のことを相談したいのですが‥」そんな持ちかけもあったのだが…
今はとても厳しい状態になってしまった。
[おばあちゃん、最期が近いと思われる]の続きを読む
  1. 2015/11/18(水) 23:26:03|
  2. 介護
  3. | コメント:10

おばあちゃん、入院

先月28日晩から出た熱が、飲み薬や点滴治療でも下がらず、7日(土)に入院した。

この入院に関しては正直なところ悩んだ。
昨年の入院で、「急性期病院というところは、積極的な治療をし、あくまでも病気を治すところ」という認識が私に植え付けられていた。だから在宅を続け、何かあっても「もはや寿命」と受け止めようという想いに至っていたから…

しかし熱が続き、それは尿路感染によるものとの確信は持てても、
いざその手ごわい菌をやっつけるには、入院と違って在宅では、使える抗生剤に限りがあることを知った。
6時間ごとに継続しなければいけない点滴なんて、訪看さんには課せられない。
私の在宅へのこだわりで、もしかして治るものも治らなかったならば、「いつまでも生きたい」というおばあちゃんの意思に反するのではないかと…
そんなせめぎ合っている気持ちのとき、息子から聞いた「同僚が扁桃腺に悪い菌が入ってしまったとき、3回目に変更した抗生が効いてやっと良くなった。」という話は、入院に向けて私の背中を押した。

入院当日、検査の結果を聞いて、「原因が分っただけでも、入院してよかった。」と思った。
   4Fからハーブガーデン
    写真は、病室から見えるハーブガーデン       [おばあちゃん、入院]の続きを読む
  1. 2015/11/10(火) 23:35:13|
  2. 介護
  3. | コメント:4

霜の入笠湿原

雲海を見た後、せっかくここまで来たのだからと思い、入笠湿原まで足を延ばした。

陽が当たり始めた湿原は、霜で真っ白。
これから入笠山に向かうファミリーだろうか。ママが子供に「滑らないように気を付けて~」って。
入笠湿原1


初夏から秋まで次々と花が咲き誇っていたこの湿原‥ きれいに草が刈られていた。
入笠湿原2


木道の杭にも霜がびっしり。私のコンデジでは写せないけど、キラキラ光ってきれいだった。
入笠湿原3
[霜の入笠湿原]の続きを読む
  1. 2015/11/03(火) 23:07:32|
  2. 風景・花
  3. | コメント:0

雲海を見に行った

富士見パノラマリゾートのHPで、「雲海ゴンドラ」と銘打って、この時季の13日間だけ早朝からゴンドラが運航していることを知った。

で、今朝起きて見ると家から見える山は霧。これはいいぞ!と、出かけた。
   電気も点けずに静かに支度したつもりなのに、おばあちゃんが目を覚ましてしまい、
    やっぱり気になって介護してから出発したので、ちょっと遅くなってしまった。

そんなわけで、ゴンドラに乗っていた6時17分、雲海から日の出。
6時17分日の出


ゴンドラの窓越しに富士山が見えたので、ズームで。
富士山をズームで


山頂駅付近から下を望む。 山の上から、こんなみごとな雲海を見たのは初めてだ。
気温-1℃とのこと。辺りの草は真っ白。 防寒対策をしっかりしてきたので、寒くはない。
山頂駅付近

似たような写真が続きますが、よかったらご覧ください。 [雲海を見に行った]の続きを読む
  1. 2015/11/01(日) 22:49:28|
  2. 風景・花
  3. | コメント:4

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する