わたしの暮らし

おばあちゃん(姑95歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃんの、おむつを買いに病院へ

おばあちゃんのおむつやパッドは、長年ドラッグストアで買っていた。
前回入院した時おむつかぶれができてしまい、看護師さんがTENA(テーナ)のおむつを薦めてくれた。
高いけれど、快適性の方が勝るので、以後ずっとそれを使っている。
このおむつはドラッグストアにないので、病院の売店へ月一回くらいのペースでまとめ買いに行く。

玄関を入ると、こんな春らしい生け花が♪
病院玄関のお花

売店で、そこに来ていたお客さんから、「もしかして、ケメコさんではないですか?」って。 [おばあちゃんの、おむつを買いに病院へ]の続きを読む
  1. 2017/02/27(月) 16:07:54|
  2. 介護
  3. | コメント:2

私にも休暇が必要だと思った

八ヶ岳
 写真は、買い物帰り、原村からの八ヶ岳

おばあちゃん、この冬は風邪も引かなかったことは本当にありがたいが、
テンションの高低差がとても大きくて厄介だ。
おしゃべり三昧の日もあれば、こんこんと眠り続ける日もあるという具合。
特に先週は、まいった。
真夜中に、歌ったり、独語を延々と続けてる。
おばあちゃんの髪の毛をなでながら、「今は真夜中だよ。おばあちゃん、疲れたでしょ。もう眠ろうね。」なんて言ってはみたが、聞いてくれるはずもなく‥
私が一緒の部屋で寝ていられなくて、逃げ出した。
でも寒いし、慣れない布団で寝付けないうえに腰が痛くなってしまい、散々だった。

もう、何かあったら何かあったときのことと割り切って、ベッドごと他の部屋に引っ越そうかなぁなんて思ったが、
でも、次の日はおとなしく眠り続けているものだから、このままでもいいか…と思い直したり。
考えてみれば、ずっとこんな生活続けてる。
デイには行かれてるけど、この5年間はあまりショートを使ってなくて、いつもおばあちゃんと一緒だもの。
平気なつもりでいたけれど、案外ストレス溜まってるかもしれないなぁ‥

そんなこと思っていた日、食事介助を受けながら、おばあちゃんが嬉しそうな顔をして、こんなことを言った。 [私にも休暇が必要だと思った]の続きを読む
  1. 2017/02/25(土) 06:24:30|
  2. 介護
  3. | コメント:6

小さい春

お洗濯ものを干して、軒下にあるプランターにふと目をやったら、
あら~、もう芽が出てる♪

チューリップの芽

庭のそこかしこには、まだ雪が残っている。
でも、日だまりに置いたプランターの土の中で、
チューリップの球根は、ちゃんと春の訪れを感じていたのね。

玄関の中に置いていたビオラのプランターも、外に出して日光浴をさせてあげた。
ビオラ
昨日は母の面会に行って、「は~るよ こい。 は~やく こい♪」って一緒に歌ったけれど、
春は、すぐそこまで来ているらしい。
  1. 2017/02/19(日) 16:26:08|
  2. 風景・花
  3. | コメント:2

おばあちゃん、紹介状をもらって婦人科へ。そしてその後

とあることからこのところ、あるお方のブログを過去記事に遡り読ませていただいた。
その方は、前頭側頭葉型認知症のお母様と障害をお持ちのお父様を遠距離介護されている。
その方のひたむきさに敬服するとともに、今更ながらその認知症の症状の過激さ、対応の難しさを思い知らされた。

うちのおばあちゃんのピック病も、前頭側頭葉型と同じものだ。
また忘れていた過去がよみがえり、重たい気持ちになっていた。今更仕方ないのに。
介護保険はおろか何の福祉サービスも、そして情報もなかった。
子育てと同時進行の介護、至らないところもいっぱいだった。でも、そのことは心の奥底に沈めてしまおう。
30年の時を経て、今のおばあちゃんは穏やかだ。(路線が狂って時折エロばあさんだけど‥^^;)
私は、上を向いて笑顔を作って、今の暮らしをだいじにしなくっちゃ‥そんなことを思った。

オリヅルラン

さて、書き始めたまま道草食ってて進まなかった、表題のこと。

おばあちゃんと帯下(おりもの)のおつきあい?は2010年ころから。
いわゆる加齢による老人性膣炎で、ホーリンVというホルモン剤の膣錠を3日に1個使うことでコントロールできていた。
それでも量が増えたり色が悪い時は、量を増やすとか、クロマイという抗生剤の膣錠を使用することで改善されていた。

ところが、この冬はそれらではちっとも良くならず、主治医に他の抗生剤を使ってみたいと頼んだ。
主治医は、クロマイは広範囲の菌に対して効くはずだけれど、それが効かないならば‥と、カンジダの薬を出してくれた。
私は、カンジダじゃないと思ったけれど(ネットで形状とかを検索してあったので)、やっぱり主治医には言えなくて、処方されるまま使ってみた。
やっぱり効かなかった。
訪看さんにもお聞きしてみたが、過去に対応した他の人はクロマイで良くなっているという。

そんなこんなのうちに黄色く粘る膿状の帯下となり、臭いもきつくなってしまった。絶対なんとかしてやらなければ。
で、夫に「産婦人科のH医院に連れて行こうと思う。」と話したところ、「A先生に言わなくていいのか?」って。 [おばあちゃん、紹介状をもらって婦人科へ。そしてその後]の続きを読む
  1. 2017/02/14(火) 23:12:06|
  2. 介護
  3. | コメント:3

フライパン再加工

5年間使って、内側のフッ素樹脂加工が剥げたり、外側の汚れが落ちなくなってしまったフライパンを、「お鍋の病院」へ再加工に出した。
3週間弱で、新品みたいにきれいになって帰ってきた。(^∇^)ノ
(写真向こう側にあるのは、ピンチヒッターとして買ったマーブルコートの深型フライパン)
   アサヒ オールパン

       ・・・・・・

その再加工してもらったフライパンは、アサヒ軽金属工業のオールパンという製品。
5年前、二男の結婚祝いにゼロ活力鍋(圧力鍋)とオールパン大小のセットを注文し、そのうちの大きいほうを私がもらって使っていたのだ。
そのときのオールパンの色は、お嫁さんが選んだベビーピンク。(このときは、他にクリーム色しかなかった。)
年数が経つうちに外側の汚れは目立つし、中のコーティングは剥げるし‥
近年は、焼いたり炒めたりするときに食材がくっついてしまうのが嫌で、フライパンにクッキングシートを敷いて使っていた。^^;

再加工のことは時折送られてくるパンフレットで知っていた。その代金は5000円プラス消費税。そしてこちらからの送料がかかる。
それって、結構いいお値段だよね~なんて思い、そのまま使っていた。
(買った時の方がよっぽどの出費だったけれど、その時はお祝いだからと悩みもしなかった。)

ところが12月に送られてきたパンフレットをよく見たら、再加工の色がショコラだったので心が動いた。
いいなぁ、この色だったら汚れが目立たない。
でもな~再加工してもらっても、また使ううちにコーティングは剥げるだろうし…
そんな気持ちのせめぎ合い。(笑) [フライパン再加工]の続きを読む
  1. 2017/02/09(木) 17:00:59|
  2. 暮らしのひとこま
  3. | コメント:2

寒いほどお得フェア No.2

2/2 さかのぼり日記

今朝も寒いが、天気はよい。富士山もきれいに見えるだろうな~。
ネットで確認したら、今日の寒得は50%off  うん。よしっ!
ということで、出かけた。

途中富士見町の農道から、ズームで富士山を。

CIMG0220.jpg


東沢大橋(通称赤い橋)と八ヶ岳。八ヶ岳の峰々は雲の中。

赤い橋と八ヶ岳

小海線 清里駅に寄って、例の看板と御面会♪ 10時の気温はマイナス6.6度、50%off
ところで清里駅は標高1274m。JR駅の中で、二番目の高さだそうだ。(1位はお隣の野辺山駅で1340m)

清里10時 -6.6℃
清里駅付近に来たのはウン十年ぶりだ。すっかりきれいな街になっていた。
夏は観光客で賑わうんだろうなぁ。 でも、今はほとんど人影がない。 [寒いほどお得フェア No.2]の続きを読む
  1. 2017/02/05(日) 16:09:30|
  2. お出かけ
  3. | コメント:2

チョコ募金

今年もチョコ募金をしたのに、アップするのを忘れていました。

そしたら、もう残りわずかだそうです。
インターネットでの受付は終了し、電話は受け付けているようです。
JIM-NET(ジムネット)公式サイトはこちら

でもって、「ちゃんと募金したよ~」って、証拠写真のような画像。
2個は早めのバレンタインとして、プレゼントしちゃったし‥ ^^;
チョコ募金
  1. 2017/02/02(木) 23:38:36|
  2. 暮らしのひとこま
  3. | コメント:0

おばあちゃん、甘酒を主食にして5年。

今日は主治医の訪問診療の日だった。
先生との会話の中で、「Kさんの元気のもとは甘酒だね。」なんていう話題もあった。

「そうなんです。2012年の1月から自宅で甘酒を作って飲ませるようになったので、もう5年になります。」

・・・・・・

5年前の甘酒作りの記事(2012.01.16)はこちら
作り方を教えてくださったかよちゃんや、今は亡きそらさんに、今でも感謝しています。


それまではたまに市販の甘酒を買って飲ませていた。
嚥下が悪くなって、お粥や雑炊の飲みこみが悪くなったとき、甘酒に切り替えたのだ。
甘酒は栄養価が高いし、ミキサーにかけても粘らなくていい。

当時は私たちが食べるおかずも水分を加えミキサーにかけてとろみをつければ飲み込めたが、現在はあのころより更に嚥下が悪いので、適当に選びながらだ。
冷凍やレトルトパックの介護食、青汁やジュース、ヨーグルトや乳酸飲料、豆乳、温泉玉子はすぐ使えるので楽でいい。
あの看取りうんぬんから生還した後は、エンシュアリキッドを1日1本処方してもらい、私の気持ちがちょっと楽になっている。

こんな液体ばかりでも、人間のからだの仕組みってすごいな。ちゃんと血となり肉になり、骨まで形成されるのだから。

で、今も甘酒の仕込中。 [おばあちゃん、甘酒を主食にして5年。]の続きを読む
  1. 2017/02/01(水) 22:38:53|
  2. 介護
  3. | コメント:8

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する