わたしの暮らし

おばあちゃん(姑95歳)脳出血から34年、認知症(ピック+後にレビーの混合型)歴32年。実家の母は11年前にアルツハイマー発覚。  嵐のような時を経て、今は穏やかなわたしの暮らしです。

おばあちゃん、無事ショートに

おばあちゃんは今朝、施設の迎えの車に乗って、無事ショートに出かけることができた。
そして、私は自分の車にエアマットやポジショニング用のクッション、他荷物のもろもろを載せて追いかけた。^^:
おばあちゃんは寝ている時間が長い。ショート中でも、なるべく馴染みのベッドの環境を整えてやりたかったのだ。
というか、もしも褥瘡ができたらば、後で私の介護や看護の負担が増すので、そのリスクを減らしたいだけ。

今度利用の施設は、何年ぶりの利用だろう?
かなり間が開いていたことは確か。

施設側から責任者や看護師さんがみえ、おばあちゃんを見たり、持ち物の説明をしてくれ、契約書やもしもの容体急変時に関する確認書の記載を求められた。
我が家は、心停止・呼吸困難になっても、救急措置対応を希望しないにチェックした。
そして、それに至った想いをざっとお話し、了解してもらった。
そういった緊急時や、体調不良を起こした場合には、私か夫の携帯に連絡を入れてもらうと、
私から主治医に電話をし、主治医が施設にすぐ駆けつけてくださる旨を話した。
(今月の訪問診療の際に主治医にお願いしたところ、快く引き受けてくださり、ありがたい限りだ。)

そして、私の方からも、おばあちゃんに関するお願いをした。
ケアマネさんが事前に情報提供をしてくださったが、私も分かりやすくと思い、資料を作った。
おばあちゃんの取説書
いわば、おばあちゃんの取説だな。^^:

看護師さんたら、メモの用意をしてきましたが、その必要がなかったです‥って。
責任者の方は、詳しく書いてもらって、ありがとうございますとおっしゃったけれど、本当はうるさい介護者と思ったかなぁ。
でも、いくらプロでも、はじめての人を看るのは不安があるだろう。文字や写真で確認してもらう方がいいと思ってだ。

そんな資料作りや、持ち物の記名、薬の準備など、今回はちょっと準備が面倒くさかった。
いつもの施設と違って、フェイスタオルやバスタオルも3枚づつ持参しなければいけないので、荷物も多い。
まあ、看てもらうのだから、そのくらいはしなくっちゃね。

どうかおばあちゃんは、おとなしく眠り、上手に嚥下して、施設の方のお手を煩わせませんように。


さあて、明日はココ松に会える。そしてみんなで一緒に水族館だ。おいしいものも食べられるぞ~。(^∇^)ノ

  1. 2017/03/24(金) 21:53:15|
  2. 介護
  3. | コメント:3
<<ショート中のお楽しみ | ホーム | 早春のイングリッシュガーデン>>

コメント

取説

ケメコさん、おはようございます(^^♪

孫と会えるって、元気がもらえますね。
一杯元気をもらってきてくださいね^^v

お義母様の取説…とても良いことだと思いますよ。
普段、自宅で過ごしている様子が分かっていると、ヘルパーさんたちも動きやすいと思います。
私も、母が入院した後は状態も書きこんで、ヘルパーさん達に共有してもらいました。
ヘルパーさんも入れ替わりますから、その方が安心だと言って下さいましたよ。

取説…おすすめですね^^
  1. URL |
  2. 2017/03/27(月) 08:58:39 |
  3. がうら #sfZnf73.
  4. [ 編集]

こんにちは。

ケメコさん~こんにちは~♪

ブログを拝見しながら、いよいよ出発されたのだわ~
ココ松君に会えた頃かな~
おばあちゃんショートから無事帰られます様に・・・
ケメコさんが、一杯楽しい思いをされて帰られます様に・・・
ブログアップ待ってます。
私も、元気でゆりあねの旦那さんが介護保険の申請をし
審査やケアプランの立ち合いをしたり、通院介助をしたりです。

取説 細やかに凄い!
  1. URL |
  2. 2017/03/27(月) 14:09:49 |
  3. かよこ #L1x6umnE
  4. [ 編集]

◎がうらさん、こんばんは。

私どもは土曜日早朝に出かけ、日曜日の夕方帰ってきました。
おばあちゃんは、その前後1泊プラスで、今日元気で帰ってきました。
体調を崩すことなく、そしてハイテンションにもならなかったそうで、本当に良かったです。

おばあちゃんの取説… ふふふ、実はがうらさんをお手本に真似させていただいてます。
がうらさんは、お母様のお世話(血糖値の計り方やインスリンの打ち方等)の「手引き」を写真入りで作って、娘さんやヘルパーさんに良く分かるようにされていたでしょ。
(さっき、がうらさんのブログを改めて確認したら、2004年でしたね~)
あの記事がずっと記憶に残っていて、いつか、然るべき日には私もそういうものを作ろうって思ったのです。
そして、あの、尿管ステントを抜去してもらった以降のショートから、おばあちゃんの状態や薬のこと、もしかして起こるかもしれない発熱やてんかん発作の対処法などをプリントアウトしてお渡しするようになりました。
今回は、体位交換の写真も加えましたが…  考えてみれば、その道のプロを相手に、恐れ知らずというか。^^; 


◎かよちゃん、こんばんは。
次男のアパートに寄ってから、みんなで八景島シーパラダイスに行きました。
都会は、建物も車も、ごちゃごちゃといっぱい。@@ こういうところで暮らすのは、大変だなぁと思いましたよ。

今日の夕方、私はエアマットを持ちに行き、おばあちゃんは施設の車で送ってもらいました。
私の声はちゃんと覚えていて、「おかあさんだ~」と、言って笑顔を見せてくれました。

かよちゃん、今度はゆりあねさんの旦那さんのサポートなんですね。
従妹のご主人のことなのに、かよちゃん、偉いなぁ。

みんな年を重ねるうちに、何かしら身体に不具合が出てきてしまうんですよね。
  1. URL |
  2. 2017/03/27(月) 23:39:26 |
  3. ケメコ #1dGyOGuk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケメコ9

Author:ケメコ9
バナーはかよちゃんが作ってくださいました♪

介護や子育てを通し、人と人との繋がりに感謝しながら暮らしている、のん気者の主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する